20代でm字はげの克服をしてわかった若はげを改善する方法5選

若はげ
スポンサーリンク
よしろー
よしろー

こんにちはよしろーです。

20歳半ば薄毛で悩んでいました一年間のAGA治療で髪の毛が戻ってきました。


1年前の髪の毛

1年後の髪の毛


今回は20代で薄毛を進行させ克服をしたからこそ分かった改善のポイントを紹介しようと思います。

お悩み太郎
お悩み太郎
  • 20代で薄毛を気にしている。
  • 若いのに抜け毛が多く原因がよくわからない。
  • どのようにすべきかまったく分からない。

以上のような内容にお答えするための記事を用意しました。


これを見ることで若くして薄毛になってしまっていることへの理解や今後どうして行けばいいのかが見えてきます。


参考になると思いますで5分だけお付き合いください。


それでは行ってみよ。

『本日の内容』

  1. m字はげ改善のために僕が行った4つのこと。
  2. 20代前半であきらめていたm字はげになぜ向き合うことができたのか?
  3. 若い時のm字はげは気になるが今後の人生の伸びしろである理由。


以上の3つをお届けできればと思います。それではわかハゲの改善について本日も深堀!!

20代で進行したm字はげを改善するために僕がやったこと4選。


まずは結論から紹介します。やったことは以下の通り。

  • AGAの治療を受ける。
  • 過剰な外食を控え脂物を少なく。
  • 軽い適度な運動を習慣化する。
  • 良質な睡眠をとる。


以上の5つが薄毛を解消するためにした行動です。ここからさらに具体的に行った方法などを深堀していきます。

改善方法①:AGAの治療を受ける。


1つ目はAGAであることを知り薬によっての治療を行ったことです。


無料のカウンセリングで今の現状と自分がAGAであるという事を知り薬によっての治療を受けることにしました。


もしどのような状況にあるかだけでも知っておきたい人に活用してみてください。

改善方法②: 過剰な外食を控え脂物を少なく。



2つ目に紹介する改善方法は過剰な外食を控え脂物をコントロールしたという事です。


社会人になりたては覚える仕事も多く、帰ってから自炊をする気がまったくおきずに外食ばかりでした。


どうしても外食に頼るようになると脂物が多く脂質を多く摂取しがちです。


こうした過剰に摂取した脂質が皮脂として分泌されそれも薄毛の要因となることを知った私はこの脂質を自炊によりコントロールしました。

改善方法③: 軽い運動を習慣化する。


3つ目は軽い運動を習慣化しました。


軽い運動を習慣化した目的は

  1. 毛根へ血を届ける血行の改善。
  2. ストレスの発散。
  3. 眠りにつきやすくする。


以上の3つの目的で始めたのが軽い運動です。


運動により血流の改善になりますし、汗をかくことでストレスの発散にもつながります。


また肉体に心地よい疲労感を得ることで睡眠にも入りやすくなりました。


ポイントは無理に激しい運動をしないことです。もうちょっとやりたいくらいに止めておくことが習慣化には効きます。

改善方法④: 良質な睡眠を取る。


やったこと4つ目が良質な睡眠を取るくと。


髪の毛の修復に欠かせない成長ホルモンの分泌を促すことを目的としました。


良質な睡眠のために行った行動は以下の通り。

  1. 遅くても日付をこえる前には寝る。
  2. 寝る前にスマホを見ないようにする。
  3. 夜遅くに食事をしないようにする。
  4. 寝る1時間~2時間前にお風呂に入る。


以上の4つが良質な睡眠のためにした行動です。

遅くても日付をこえる前には寝る。

では何時頃、就寝すれば良いのでしょうか?前述のように成長ホルモンの分泌は午後10時から午前2時の間に最大になります。また覚醒ホルモンであるオレキシンの覚醒刺激は午後7―10時の時間帯に最大となるので、この時間(睡眠禁止帯)を外して就寝するのが勧められています。更には就寝1時間前に入浴すると深部体温が下がり、自然な眠りにつけるとされています。以上より午後9-10時に入浴、1時間後に就寝、3-4時間徐波睡眠することが健康維持に重要と考えられます。

引用) 医療法人社団 小白川至誠堂病院


こちらの情報を参考にしています。

どうしても毎日10時には寝られないので遅くとも12時前に就寝していることを心掛ける生活にしました。

寝る前にスマホを見ないようにする。


つい癖になっていたのですが寝る前の強い光を避けるためスマホを見ることをやめました。

アラームをグーグルホームでかけることによりスマホの光を見ずに就寝できるよう生活を改善しました。

夜遅くに食事をしないようにする。


夜遅くに食事をすることをやめました。


内臓が活動し続け質の高い睡眠ができなくなるという理由からです。

食事をとってから、胃腸の働きがひと段落するまで約3時間はかかる。夕食は、遅くとも就寝3時間前に済ませておくのがベスト。

引用) 坪田聡(つぼた・さとる)日本睡眠学会所属医師


寝る1時間~2時間前にお風呂に入る。


寝る1時間~2時間前にはお風呂に入るようにしました。

睡眠時に適切な体温を保つための工夫です。


人は体温が下がるときに眠たくなる修正をもっているようで、お風呂で体温が温められ、下がり始める時間がちょうど睡眠の1~2時間のようです。

寝る直前に入浴してしまうと、深部体温が高い=眠気が少ないうちに床に入ることになってしまい、結果として寝つきが悪くなることがあります。

引用) https://mananavi.com/質のよい睡眠のために、一番いい入浴時間はどれ


スポンサーリンク

20代前半であきらめていたm字はげになぜ向き合うことができたのか?


ここまで取り組んできたことを聞いて大変そうだ、、、


と感じる他のではないでしょうか。


正直な話、私も通常の生活から変化させるときは少し苦労をしました。


このように薄毛に対して向き合う事が出来たのはAGAと向き合い心から改善したいと思えたからです。


そうした向き合うきっかけを与えてくれたのがAGAの無料カウンセリングです。


初めはだれにも相談できず、無料ということもあり薄毛が気になっていたので、原因は何なのか知るだけでもという思いで相談をしました。


この経験が私の薄毛を改善に向かわせる第一歩だったと感じています。


その一歩によって知れたことはとても多かったです。

  1. AGAであることを具体的に知れた。
  2. AGAのどの段階であるか具体的に知れた。
  3. 治療の方法について具体的に知れた。
  4. かかる時間と費用について明確になった。


以上の4つを知ることができたのは今思うととても大きなことでした。


それまでなぜ薄毛が若くして進んでいるのかも、治療する方法があることも全く知りませんでしたので、今あげた4つを知れたことはAGAに向きあう大きな一歩となっています。


もし気になっている人がいれば治療の有無にかかわらず一度相談することがお勧めです。

よしろー
よしろー

自分が向き合うきっかけをくれたカウンセリングの人には感謝しております。


若い時のm字はげは気になるが今後の人生の伸びしろである理由。


少しくらい話ばかりで失礼しました。


ここからは若くして薄毛を克服することができ感じたメリットについて掘り下げようと思います。



若くしてなった薄毛を克服することで得られたメリット

  • 髪型を整える度に薄い部分を見て落ち込むことがなくなった。
  • 外出しているときに誰か頭を見ているのではないかという気持ちから解放された。
  • 改善に向かっているという事で薄毛であっても自信が持てた。
  • 同じ髪の薄い人の相談にのったときに希望を与えられるようになった。
  • 年取ってからするはずの心配をしなくてよくなった。


克服できた今だからこそ思うのが、逆に早く経験できていてよかったなという事です。


さらに年を取ってからはきっと改善に向けて行動もしないでしょうし、これだけ薄毛にアンテナを張ることもできなくなっているでしょう。


私の父が経験したように育毛剤の種類ばかりが増えていき、髪の毛が減っていくという負のサイクルにはまっていたと思います。


今思うと若いうちにAGAである現実と向き合えたことは幸運だったと思っています。


よしろー
よしろー

最初の一歩はまじで恥ずかしいし不安だった。


まとめ


今回は20代でm字はげの克服をしてわかった若はげを改善する方法5選という内容を掘り下げていきました。


これを見て少しでも若い時の薄毛であっても前向きになっていただく参考になればうれしいです。


私も何が原因かわからず少し諦めかけていました。


この記事が同じような気持ちの人のヒントとなることを願っています。

ということで本日はここまで、

このブログでは新社会人や大学生に向けて
これからの健康や、ライフスタイル、仕事などについて毎日ブログを発信しています。

よかったらまたふらっと訪れてみてくださいね!


最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました