m字はげになる前兆とは?今すぐ知れるチェックポイント5選

若はげ
スポンサーリンク
よしろー
よしろー

こんにちはよしろーです。

父親は生粋の薄毛遺伝子をもっており、正直なところ私も例外ではありません。

20歳半ば薄毛で悩んでいました一年間のAGA治療で髪の毛が戻ってきました。


1年前の髪の毛

1年後の髪の毛



そうした私自身m字ハゲに悩まされたよしろーが、m字はげに至る前に知っておきたかったポイント5つを紹介します。


どうしてそんなことをするかというと前兆に気づき早い段階で手立てを打つことがよかったなという後悔があるからです。


これを見ている人にはそんな後悔がないよう。


今思えばあのときの兆候がAGAの前兆だったんだな。


というものをお伝えできればと思いました。


m字ハゲでないと思っている人にはより安心できるよう。


実際なってわかったことをお伝えしようと思います。


スポンサーリンク

20代できてる?m字はげの前兆を早めに見抜くポイント


初めにm字はげの前兆を見抜くためのポイントを紹介します。


ここで重要となってくるポイントが自分の薄毛がAGAの前兆であるか否か。


AGAであれば進行性なのほっとかず低額の薬治療でも受けることをお勧めします。


もしAGAでない場合はあせって治療することはありません。


この章で気になるポイントを抑えることで適切な判断ができると思います。


気になっているところが前兆でなく勘違いだったなんてこともありますのであらかじめ知っておくと安心ですよ。


それでは深堀をしていきますね。

AGAとは?

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。
成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。
一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。
抜け毛が進行し、うす毛が目立つようになります。

引用サイト) http://www.aga-news.jp/secure/about_aga/index.xhtml



自分でチェックするだけでは心配という方は専門のカウンセリングに相談する方法もあります。


AGAスキンケアクリニックでは最初のカウンセリングが無料


AGAかプロに判断するために活用してみるのも良いと思います。


もしかしてAGAと思ったら前兆に気づくのに必要な5つの視点


先ほど薄毛であってもAGAの場合は特に注意が必要というお話しをいたしました。

ではどうやってAGAの前兆か否かを見極めるか。


そのポイント5つここで紹介していきます。

「AGAの前兆を見抜く5つのポイント」

  1. 抜け毛の量が以前より増えた。
  2. 抜け毛を見ると細く短い髪が増えてきている。
  3. 抜けた毛の根毛が黒い。
  4. 髪の毛の太さが失われている。
  5. 髪にコシがなくなった。


以上の5つがAGAの進行による薄毛を見分けるポイントとなりえます。


ではどうしてこれがAGA「男性型脱毛症」の原因となりうるのかを深堀していきます。

なぜAGAを見分けるポイントが5つなのか?さらに深堀

抜け毛の量が以前より増えた。


まず単純に抜け毛の量に注目してみてください。


意外と多いと感じている方でも正常な状態である場合もあるんです。


というのも人の髪の毛は通常1日に50~100本ほど抜けるから。(参考:日本発毛協会


ここからわかるように心配しすぎというケースも十分に考えられます。


抜け毛の量が徐々に増えてきているようであれば注意が必要となってきます。


正常な抜け毛の数は決まっているのですが、AGAによる抜け毛は進行性のため増加していきます。


抜け毛の量もそうですが小さな変化に気づくという方が大切。


ではその変化に気が付くためのポイントを紹介していきます。

抜け毛の変化に気づくためのに見るべき生活のポイント

ポイントはこちら

  1. お風呂の排水溝で抜け毛をチェックする。
  2. 枕カバーにけが付着している量をチェック。
  3. 床に落ちている毛の量。



以上3つが毎日同じ行動であり抜け毛が見やすいポイントです。


同じ視点から観察し続けていると抜け毛の小さな変化に気づきやすいと思います。


これらを変化があるか一日一回は見てみると良いです。


抜け毛を見ると細く短い髪が増えてきている。


抜け毛が増えてきたと思ったら次に見る視点が髪の毛の細さ。


抜け毛の量だけでは季節的なものや他の薄毛の原因か?


知ることはできません。


なので抜けた髪の毛を詳しく見ることによってAGAによる抜け毛なのか判断する材料が増えます。

どうして細い毛だとAGAの疑いがあるの?


細い毛であることがAGAの疑いがある理由は毛が成長しきれていないから。


髪の毛の成長サイクルをシンプルに表すと

発毛 ⇒ 成長 ⇒ 衰退 ⇒ 抜け毛


正常な毛は上の4つを循環をして抜け毛になります。


しかしAGA初期の場合は十分な悪玉男性ホルモンの影響で十分な成長が行われないまま髪の毛が抜け落ちます。


なので髪の毛が正常に成長しているかを見る方法として抜け毛の細さをチェックする方法は有効。

髪の毛のどうやって見る?

髪の毛の数差を見るポイント

  • 髪にボリュームがなくなってきた。
  • 抜け毛の太さがばらばら。
  • 以前より髪の毛のセットがきまりずらい。

以上の三つが髪の毛の細さを見分けるべきポイントです。


まず抜け毛を見てもわからないという場合は以前のボリュームと今のボリュームを見比べてみると良いです。


体感できるくらいであればAGAの危険性が増しています。


それから抜け毛を見る場合ですが太い毛と細い毛が入り混じるようになっているとこちらも少し危険な状態。


細かく太さを見比べてみてください。


それから最後に1、2とも関連してくるんですが髪のセットが決まりずらいなと思った場合も見分ける一つの指標になります。


抜けた毛の根毛が黒い。


抜けた毛の根毛が黒いというのも重要な視点です。


AGAの薄毛の場合抜けた毛の毛根が黒いという事が特徴。


これの点も当てはまるようか確認をしてみてください。


どうして抜けた毛の根毛が黒いとAGAの可能性ありなの?


でもなんで根毛が黒いとAGAなのと不思議ですよね。


くろい方がかえってよさそうに見えますがそれは間違い。


根毛が黒い原因は血行の巡りが悪く根毛に栄養が行き届いてない状態なんです。

なぜ毛根の色が栄養素と関係しているか?

通常の毛であれば色素を成長過程ですべて吸い上げて抜けるので毛根は白くなる。それが中途半端なままだと吸い上げきれてない色素が根毛に残る。つまり根毛が黒いという事は十分に成長をしておらず抜けているという事に。抜け落ちること原因は成長に必要な栄養が届いてないため。


AGAは未熟なままけが抜け落ちるという現象があります。


成長しきった髪が抜けているのかそうでないのか。


見分けるために根毛の色を判断基準の一つにしてみるというのも1つ有効な手段です。


まとめ


今回はm字ハゲの前兆がAGAであるか見分ける方法についてシェアしました。


過度な不安をあおるようなことはしたくないのですが、特徴に当てはまっている場合はAGAであることを疑う必要があります。


僕ももう少し早く気がつけばと思う事もありますので。


それでもしAGAであっても安心してください。


AGAは治療可能です。早期であれば比較的もとの状態に早く戻せます。



まずは無料でできるカウンセリングがあるのでこちらも有効活用してみると良いですよ。


私自身AGAと知るきっかけとなりました。また人に話すことのできない不安をすべて聞いて適切な処置など教えてくれます。

よしろー
よしろー

商品を無理あり売られるという心配はありませんでした。話を熱心に聞いていただき、今の状況を教えていただきました。



もし心配なようでしたら一度無料のカウンセリングでしっかりと見てもらうというのもありだと僕は思います。


今回の記事を参考に自分でもチェックしてみてくださいね。


この記事が同じわかハゲで悩むあなたの参考になると僕はうれしいです。


ということで本日はここまで、

このブログでは新社会人や大学生に向けて
これからの健康や、ライフスタイル、仕事などについて毎日ブログを発信しています。

よかったらまたふらっと訪れてみてくださいね!


最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました