20代なのにつむじはげに?薄毛の原因と治療でどのくらい変わる?

若はげ
スポンサーリンク
よしろー
よしろー

どうもこんにちはよしろーです。
24歳サラリーマンとして会社員をしております。

まだ20代ですがつむじはげが進行してしまいました、、、。


20代で髪が薄くなっていくは心理的につらいです。

ですが、注射と薬によるAGA治療を5カ月間続けてみたところ発毛を実感しました。

本日はどのくらい変化があったかシェアしていきます。


本日の内容
  1. 前半部分
    若くして薄毛になってしまう理由を深堀
  2. 後半部分
    6カ月間のAGA治療でどう変化したかについて紹介


スポンサーリンク

20代なのにつむじはげに?どうして若いのに薄毛が進行してしまうのか。


20代で薄毛と言うと若いのではないかと心配になりますよね。

私もこの年で薄毛になるなんて考えていませんでした。ですが20代でも薄毛になってしまう可能性は大いにあります。

実は、現在日本人の20代男性の3人に1人が薄毛に悩んでいるといわれています。

人口にすると180万人もいるのです。ひとまず薄毛に対して悩んでいるのはあなただけではないと安心をしてください。

よしろー
よしろー

30代後半のイメージがありましたが、実は違うみたいですね。


どうしてこれだけ多くの人が若くして薄毛になってしまうのでしょうか。

ここから原因について少し深堀をしてみます。

20代でもつむじはげが進行してしまう原因とは?


20代という若さでどうしてAGAが進行してしまうのでしょうか。

原因として考えるのはジヒドロテストステロンの増加です。

ジヒドロテストステロンは別名脱毛ホルモンと言われており、男性ホルモンの一種なのですが薄毛を進行させてしまいます。


このジヒドロテストステロンが発生することでAGA(男性型脱毛症)という抜け毛症状が発生します。

若くして薄毛を発生してしまう要因として、ジヒドロテストステロンが発生しやすい遺伝的な要因も20代の薄毛が進行してしまう理由の1つです。

よしろー
よしろー

こればっかりは体質的なものもあるから仕方ない問題。

私も父と祖父が全く同じはげ方をしていたのである程度予感はしていました。

もしAGAの疑いがあるという方はこちらの記事も参考にしてみてください。

AGA


このようにホルモンの影響も1つの理由です。ここからは、それ以外の努力で何とかなる薄毛理由についても見ていきます。


20代のつむじはげ進行を促進している可能性がある4つの生活要因


では、ここから20代でうすげの進行を広げてしまう生活要因について見ていきます。

まず、結論から薄毛の原因となりうる4つの要因はこちら。

  1. 慢性的なストレスによる自律神経の乱れ
  2. 髪の毛の栄養素不足
  3. 睡眠不足による成長ホルモンの減少
  4. たばこやお酒に影響
よしろー
よしろー

若いからといって体に負担のかかる生活をしているとうすげを進めてしまうかもしれません。

それぞれの理由を見ていきます。


髪にわるい生活①:慢性的なストレスを抱えてしまう。


つむじはげ進行の原因となるのがストレス。


本来は健康のために必要なストレスですが、慢性的に抱え続けていることで悪影響が出てきます。

慢性的なストレスが自律神経が過剰に働いてしまうため、頭皮へ十分な血液供給がされないというという影響を引き起こしてくからです。


最終的には栄養が運ばれず、元気だった毛根が弱っていくといったことに繋がります。

髪にわるい生活②:食生活が偏っている。


続いてのつむじはげ促進の要因は片寄った食生活。


ついついファーストフードや外食など手軽で安い食事に頼ってしまうと、栄養が偏りがちになってしまいます。

十分な栄養素が髪に届かないことはうすげへの原因に。

また、高カロリーな食事になると血液がどろどろになるため、さらに髪に栄養が補給されにくくなります。

髪にわるい生活③:徹夜などの睡眠不足。


3つ目の理由は睡眠不足。


夜更かしは髪の成長に欠かせない成長ホルモンの分泌を減らしてしまいます。

本来は、十分な成長ホルモンにより、髪の毛の成長を促しますが、それがうまくいかなくなってしまいます。

髪にわるい生活④:たばこやお酒の過剰摂取


たばこのやお酒の過剰摂取も髪の毛に取って悪影響です。

たばこが薄毛を進める。


まず、たばこについてですが、含まれているニコチンが以下のような働きをします。

  • 血管を収縮させ血流を悪化。
  • ビタミンが消費させる。
  • 肝機能を悪化させる。


髪に必要な栄養が消費させられ、血流も悪化してしまうためうすげの原因となります。

お酒が薄毛を進める。


続いてお酒について。過度な摂取は薄毛を進行させてしまいます。

お酒が薄毛に影響するのは以下のポイント。

お酒を摂取することで、髪の成分となる亜鉛を消費してしまったり、ジヒドロテストステロンが増加してしまう原因となります。


よしろー
よしろー

以上ここまで20代でつむじはげになる原因を見てきました。

ここからは、薄毛になってしまったらどうするか?という部分で、AGAの治療に取り組みましたので見ていきます。


20代でつむじはげが進行してしまった俺。6カ月のAGA治療でどこまで取り戻せたのか。

よしろー
よしろー

ここからはいよいよ薄毛の治療過程を暴露していきます。


AGA治療0カ月目:つむじはげが進行。いよいよAGA治療に取り組む

よしろー
よしろー

これは、いよいよまずいと思って治療に取り組みました。

クリニックでAGAであると知り治療に向き合おうと決断をしました。


AGA治療1カ月目:1ヵ月で治るほどあまくはなかった。

よしろー
よしろー

1ヵ月治療を続けたら少しは変わると思っていましたが、そんなに簡単ではないようでした。


AGA治療2カ月目:初期脱毛が続くも若干希望が…

よしろー
よしろー

2ヵ月目になってもまだ、初期脱毛が続きました。抜け毛が今までより、多いんじゃね。と大変でしたが後半は落ち着いてきました。


AGA治療3カ月目:まだまだ薄着が産毛が毛になりつつある。

よしろー
よしろー

完全に初期脱毛が落ち着いてきました。抜けた場所から産毛が少しづつで初めています。


AGA治療4カ月目:徐々に太い毛へと成長を実感。

よしろー
よしろー

3ヵ月目で感じた産毛が少しづつ太い髪の毛が生え始めています。4カ月目から周りかも髪の毛増えた?と言われることが増えました。


AGA治療5カ月目:さらに産毛発生!発毛を実感。

よしろー
よしろー

5カ月目からさらに産毛が生えてきました。2ヵ月目あたりは初期脱もうがきつかったですが、治るということを実感できました。


まとめ

よしろー
よしろー

本日は、20代なのにつむじはげに?薄毛の原因と治療でどのくらい変わる?という内容で掘り下げていきました。

もしAGAかどうかで考えているということであれば早めに対策をしておくことがベストです。

向き合うための参考となればうれしいです。


ということで本日はここまで、

このブログでは新社会人や大学生に向けて
これからの健康や、ライフスタイル、仕事などについて毎日ブログを発信しています。

よかったらまたふらっと訪れてみてくださいね!


最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました