20代女子でも実は薄毛が増えている?薄毛の種類と原因。

若はげ
スポンサーリンク
  • お風呂上り排水溝を見るとたくさんの髪の毛が抜けていて心配になる。
  • 髪の毛をセットする時、以前よりもボリュームが減ったように感じる。
  • 明るいところに行くと地肌の透け感がきになってしまう。
よしろー
よしろー

どうもこんにちはよしろーです。本日は、こんな薄毛に対する悩みや不安を解消していきたいと思います。


この記事を書いてる人。

24歳で薄毛に悩まされ治療をすることで克服。

(当時の様子)

薄毛は治ることを体感したのち、なぜ薄毛になってしまうのかを勉強。

現在は若年向けの薄毛にコラムを執筆中。


スポンサーリンク

あなただけが心配している問題ではありません。実は20代女子でも薄毛は増えている事実?


この記事を読んでいるあなたは、きっと過去の私の様に日々抜けていく髪の毛を気にして、一人薄毛に対する心配を抱いているのではないでしょうか。

過去の私も髪が薄くなっていく中、どうして自分だけが進行してしまうのだろうと不安を感じていました。

ですが、実際に薄毛の病院へ行ってみるとわかるのですが、意外と若い人でも薄毛で悩んでいる人は多いんです。

薄毛の種類や考えられる原因を知っていただく前に、薄毛が過度なストレスにならないようようにしてください。

まずは、若年性の薄毛があなただけが悩んでいる問題ではないということを知っていただきたいです。

実際に、女性専用の薄毛クリニックであるAGAスキンケアクリニックレディース院では、問い合わせの割合を次のように公開しています。

引用)AGAスキンケアクリニック レディース院
よしろー
よしろー

このグラフで見ると、薄毛で病院に相談へ行く約3割の人が20代女性であることが分かるね。


例え20代で薄毛になったとしても、悩んでいるのはあなただけではないという事実を知っていただけましたでしょうか。

これで、すこし不安な気持ちを解消してもらえると嬉しいです。

では、ここから本題である女性が薄毛になる種類と原因についてもみていきたいと思います。

どうして20代の女子が薄毛になるのか。主な薄毛の種類3選をサクっと紹介


まず、結論ですが20代の女子が悩まされている薄毛の種類は次の3つです。

  1. 瀰漫(びまん)性脱毛症
    生活環境やホルモンバランスの影響で、頭髪全体が均一に薄くなる症状 。
  2. 牽引(けんいん)性脱毛症
    ポニーテールなど長期にわたって髪の毛を縛っていることで起きる脱毛症。
  3. 脂漏(しろう)性脱毛症
    頭皮環境が皮脂の過剰分泌によって悪化し起きる脱毛症。
  4. 分娩後型脱毛症
    出産後、一時的に起きる脱毛症。1年程度で自然回復されると言われている。
よしろー
よしろー

あてはまるなと思うものはありますか?

ちなみに、AGAスキンケアクリニックの情報によると、1番多い相談は瀰漫性脱毛症らしいです。

ここからさらに薄毛につながる女性の特徴について深堀していきたいと思います。


どれだけ当てはまってる?薄毛になりやすい女性の特徴6選。


では、ここからどんな原因が女性の薄毛を引き起こす要因となっているのかを見ていきます。

さっそくですが、この記事で取り扱う6つの薄毛要因はこちら。

よしろー
よしろー

あてはまる項目が多い人は少し注意が必要かも。それぞれどうしてなのか見ていきますね。


薄毛につながる生活環境①:過度なストレスが続いてしまっている。


薄毛につながる1つ目の生活環境は、過度なストレスが続く環境。

過度なストレスが続いてしまい慢性化すると、ホルモンバランスが乱れる原因になります。

ホルモンバランスの乱れは瀰漫性や脂漏性の脱毛につながる要因と言われていますので、当てはまるという方は対策するといいですよ。

ストレスとうまく付き合う方法
  1. 精神的なストレスは体を動かして解消してみる。
  2. 肉体的なストレスは本を読むなど文化的な活動をしてみる。
  3. 一日の中でボーとする時間を作ってみる。
  4. 嫌なことがあってもあまり深く考えないようにしてみる。
  5. なんでも言い合えるような友人や恋人を作る。
  6. あまりに耐えられない場合は、働く環境を変えてみる。
よしろー
よしろー

ストレスが無さすぎるのも張り合いがありませんが、慢性的にストレスを感じるようになってくると悪影響が出てきます。ためこみすぎないで解消してみてはどうでしょうか。


薄毛につながる生活環境②:しっかり睡眠を取ることができていない。


続いて、薄毛につながる環境要因はしっかりと睡眠を取ることができていないということ。

夜寝ている間に髪の毛の修復や成長は行われているからです。

寝る前についついスマホを触ってしまったり、考え事をして眠れないという日は続いていませんでしょうか。

健康的な髪の毛を保つために睡眠は欠かせない時間。しっかりと休養することで健康的な髪の毛に近づきます。

よしろー
よしろー

寝よう寝ようと思うと逆に寝れないんですけどね。睡眠って大切です


薄毛につながる生活環境③:偏った食生活を繰り返してしまっている。


薄毛につながる生活環境3つ目は、偏った食生活をしてしまっている。

偏った食生活は髪の毛の成長や頭皮環境を整える上で、悪影響をもたらしていきます。

例えば、脂質の多いものに偏り皮脂の分泌が多くなることで脂漏性の脱毛が進行します。

また、十分な栄養素が取られていないことで、髪に栄誉が届きにくくなったり。

食生活は健康的な髪の毛を保たせるための重要な要素です。

よしろー
よしろー

ついつい忙しいと外食に頼りがちになっちゃうんですよね。できれば、自炊して野菜とかも食べたいところです。


薄毛につながる生活環境④:過度なダイエットを行っている。


薄毛につながる生活環境4つ目は、過度なダイエットをしてしまっていること。

過度なダイエットはそれだけでストレスにもなりますし、必要な栄養素までも取得されてないという事態に陥ります。

短期間で痩せるために食事の量を極端に減らすなどは、髪のためにも見直した方が良いかもしれません。

もし痩せようと思っているなら、自分のストレスにならない範囲でのダイエットを進めてみてはどうでしょうか。

よしろー
よしろー

健康的であることは魅力の一つ。ダイエットによって不健康になってしまうともったいないです。


薄毛につながる生活環境⑤:髪に負担のかかる髪型にしている。


薄毛につながる生活環境5つめは、髪に負担のかかる髪型にしている。

行き過ぎた髪のアレンジによりダメージが蓄積している場合があります。

薄毛の種類でも見たように縛り付けることが薄毛の原因になっていたり、また過度なパーマやブリーチなども抜け毛の原因となります。

どうしてもやらないといけない。もしくはやりたいという場合はケアもしっかりしてあげてみてはどうでしょうか。

よしろー
よしろー

女性の場合はヘアアレンジも豊富ですし、おしゃれしますよね。ですが、髪のことを考えるとストレスの少ないものがよさそうです。


薄毛につながる生活環境⑥:ピルなどホルモンバランスを乱す薬を使用している。


薄毛につながる生活環境の6つ目は、ピルなどホルモンバランスを乱す薬を使用していること。

薄毛の種類でも見たようにホルモンバランスの乱れが薄毛につながることがあります。

ピルを飲むことで、女性ホルモンを抑えられ相対的に男性ホルモンが多くなってしまうことがあります。

よしろー
よしろー

もし飲む必要があるという場合は、頭皮ケアをしっかりしてあげると良いですよ。


まとめ

《 本日の内容 》

最後に、本日お伝えないようについてまとめていきます。

まず、冒頭でお伝えした薄毛の種類は4つ。

  1. 瀰漫(びまん)性脱毛症
    生活環境やホルモンバランスの影響で、頭髪全体が均一に薄くなる症状 。

  2. 牽引(けんいん)性脱毛症
    ポニーテールなど長期にわたって髪の毛を縛っていることで起きる脱毛症。

  3. 脂漏(しろう)性脱毛症
    頭皮環境が皮脂の過剰分泌によって悪化し起きる脱毛症。

  4. 分娩後型脱毛症
    出産後、一時的に起きる脱毛症。1年程度で自然回復されると言われている。


続いて、薄毛にやりやすい人の生活環境6選はこちら。

  1. 過度なストレスが続いてしまっている。
  2. しっかり睡眠を取ることができていない。
  3. 偏った食生活を繰り返してしまっている。
  4. 過度なダイエットを行っている。
  5. 髪に負担のかかる髪型
  6. ピルなどホルモンバランスを乱す薬を使用している。


よしろー
よしろー

以上が本日お伝えしてきた内容。参考になるものはありましたでしょうか。自分に当てはまると思われる原因から改善してみるといいですよ。


ということで本日はここまで、

このブログでは新社会人や大学生に向けて
これからの健康や、ライフスタイル、仕事などについて毎日ブログを発信しています。

よかったらまたふらっと訪れてみてくださいね!


最後までありがとうございました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました