付き合って2か月は普通どこまでOK?【実体験から2ヵ月目を考察】

LOVE STRART
スポンサーリンク

付き合ってから2ヵ月は、微妙な時期ですよね。

特に思春期の恋愛だとどこまで手を出していいものか。男なら一度は悩んだことのある課題。

本日は、私の実体験から付き合って2ヵ月目は、どこまで関係を深めることが許されるのか?

という内容で深堀をしていこうと思います。

スポンサーリンク

付き合って2ヵ月はたったけど、今一つ踏み出せないあなたへ。



完全に盲目的な恋愛だったのが、少しずつ相手をわかるようになって来るのが2ヶ月目 です。

ロマンチックに振舞ってきたかもしれませんが、そろそろお互いに素直な気持ちを見せられるようにもなってきても良い時期です。

これを見ている人の中にはひょっとすると

  • 付き合えてうれしいけどこの先不安。
  • まだ二人の関係性が思うように縮まっていない。
  • いつもと違う行動を取ったら引かれそう。
  • 相手が何を考えているのかつかめない。

などなど、、まだ彼女に対しての不安を抱えている人も多いのではないかと思います。

そのような状態であっても、男性がより二人の深い関係性を築くべきです。

理由としては、彼女にも女性としてのプライドがあり、男性からのエスコートを待っている。なんてこともあるから。

2ヵ月目で、相手の状態を把握しつつ、二人の関係性を前に進めていくことが重要です。

では、ここからそうした具体的な方法論に入る前に、2ヵ月目で変化してくる危険性についてお伝えしていきます。

付き合って2ヶ月になり、徐々に変わり始めることとは?


付き合い当初より関係性は良い意味でも、悪い意味でも深まっています。

というのも、僕の場合は二人の関係性は徐々に深くなっている一方で、デートにも決定的な変化がなくマンネリ化傾向になっていたからです。

またあまり友達のようになりすぎると、そこから急に男女の関係が難しくなる時期です。

まだ、男女の関係に慣れてないという場合は、男性がエスコートしてあげた方が良いです。

タイミングを逃し良い彼氏を演じているうちに友達のフォルダーに入れられちゃうなんてことは、付き合ってからも起きるものです。

彼女があなたからのエスコートを待っているうちに、アプローチをしてみると良いですよ。

恋愛2ヶ月ってぶっちゃけどこまで大丈夫?【失敗談】

結論からお話ししますとよほど、厳格な相手でない限り最後までやってOKです。

もちろん相手の反応には気を配った方が良いです。

例えば、
  1. どこまでスキンシップは許されるか?
  2. 2人の距離が近いか?
  3. セックスへの価値観を聞いてみる。


少し難しいですが、テストしつつ相手との距離感を見てアプローチをしていきましょう。

先ほどもお伝えしたように2か月を越えても、キス以上の関係がないと逆に女性から男性として見られなくなるということがあります。

本当は自分より先にエスコートしてほしいのにあまり男らしさがないなと思われてしまうなんてことも。

私の場合は、大学一年生で同級生のゼミで知り合った女の子と一年目で付き合うことができました。

ただゼミという狭いコミュニティーの中で下手なことはできない。と慎重に物事を進めすぎたばかりにフラれてしまいました。


後々聞くと、恋に慎重すぎてドキドキしなくなった。良い人なのはわかったからこれからも友達でいようといわれました。


なんで、2か月目でも少し素直にアプローチできなかったのか少し後悔をしています。


余談ですがそのあと、その元彼女がよりにもよってゼミの友達と付き合っていたので少し複雑な大学デビューとなりました。


これを見ているあなたには手遅れになる前に彼女をドキドキさせてあげてくださいね。

恋愛2ヶ月の時にやっててよかったこと

今の彼女とは2か月を終えても楽しく暮らせています。

もちろん本当に相性が良いのもあると思いますが、2か月の時点でやっといてよかったなと思うことがありましたので、ご照会します。

付き合って2か月でやった方が良いこと。

  1. 不要なプライドを捨てて素直に接する。
  2. マンネリ化を防ぐ。
  3. 本音で語る時間をつくる。
  4. お互い干渉しすぎない。


以上が、今うまくいっている秘訣だと思いました。中々、素直になりコミュニケーションを取るのは大変ですが、抑えておくべきポイントです。

それぞれの要素について、深堀をしていきます。

不要なプライドを捨てて、素直に接する


この時期やってよかったことはズバリ、不要なプライドを捨てることです。


ついついお互いカッコつけたりしちゃいがちですが、素直に相手と向き合うことができて良かったです。

私の場合、失敗した彼女の前では、変にロマンチック感を出してみたり、ゼミという周りとの人間関係ばかりを考えていました。


振り返ってみると、相手を素直に受け入れることができてなかったように思います。


もし仮にエッチがしたいならそう言うし、何か悪いことをしたら謝るし。良いことをしてもらったらありがとうと言う。

そういう相手の強いところだけでなく、弱いところすらも受け入れていけるのがこの時期です。

ぜひ不必要なプライドを捨てて、あとから後悔することのないようしてくださいね。

マンネリ化を防ぐ


結論から言うとこの時期は二人だけで旅行に行くと良いです。


というのも近くのデートスポットは、ほぼ行きつくしている。また二人でいることが日常になりかけているからです。

たまには、遠い非日常の世界を二人で体験して普段は見せない彼女の一面に触れるということが生活をまた新鮮にしてくれます。

本音で語る時間を作る。


2か月も付き合ってくるとはじめは「まいっか。」となっていたものがだんだん良くなくなってきます。

ですが毎回注意するのもお互いにつらくなるので、余裕があるときにゆっくり語りあう時間を作るというのが得策です。

相手がストレスの内容に見えても、小さなことが積み重なってそれが爆発してしまうなんてことはよくあることです。

そうならないためにも、たまには本音で語り合う。

コミュニケーションが二人の関係を長続きさせるのに役立ってきます。

お互い干渉しすぎない


2か月もたってくると盲目的な彼女彼氏の関係ではなくなってきます。

相手以外の友達関係や自分ひとりの趣味などに時間を使いたいなんてこともあるでしょう。

そういった時に、相手のことを干渉しすぎるとお互いにとってストレスをためる原因になってしまします。

少し冷たい言い方ですが、愛とのことをどこか他人として認識する。適度な距離感を取るなんてことも時には必要なのかもしれません。

まとめ

本日は付き合って2か月ってどんな状況なのかについてお話ししてきました。


ポイントまとめておくと

  • 2か月たっても慎重になっていると男として見られなくなる。
  • カッコつけすぎず素直に相手と接することが大切。

ということでしたまた二人の関係を長続きさせたい場合は

  1. 不要なプライドを捨てて素直に接する。
  2. マンネリ化を防ぐ。
  3. 本音で語る時間をつくる。
  4. お互い干渉しすぎない。

ということをやっておくことが重要です。2ヵ月目でどう過ごすか?3ヵ月目で、お互い良い関係を築いているかにかかわってきます。

参考にしていただき、彼女とより良い関係性を深めていってもらえればうれしいです。


ということで本日はここまで、

このブログでは新社会人や大学生に向けて
これからの健康や、ライフスタイル、仕事などについて毎日ブログを発信しています。

よかったらまたふらっと訪れてみてくださいね!


最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました