5分でわかるテラスハウス東京2019 14話【ネタバレと考察】

スポンサーリンク
よしろー
よしろー
  • 今週のテラスハウスを見逃してしまった。
  • 中々みている暇がない。
  • 一気に最新話まで追いつきたい。


こんな悩みを解決する記事を用意しました!


ということで今回もテラスハウスを振りかえっていきたいと思います。

テラスハウス第13話は出会いと別れ恋愛と夢。


様々なエピソードが複雑に交差する見どころ満載のエピソードとなってますよ。


それでは行ってみよ!

スポンサーリンク

14話で起きたエピソードと見どころはこちら


テラスハウス14話で振り返ってみるべきエピソードはこちら。

話を理解するために必要なシーン
  1. リサコとカオリ女子部屋で思わぬ本音が漏れだす。
  2. ハルカがルカの夢について詰め寄る?
  3. カオリの抱える仕事の不安と恋の気持ち。
  4. ケニーが最後の晩餐リサコの回答は…?
  5. ユウスケがハルカにアプローチ結果は…?
  6. 気になる新メンバーがついに

よしろー
よしろー

今週のテラスハウスも気になる見どころ満載でした~。


早くも次回がめちゃ気になってます。


リサコとカオリ女子部屋で思わぬ本音が漏れだす。

今週のテラスハウスは女子部屋のシーンから始まります。

ここで女性陣の思わぬ本音が次々と暴露されていくのでした。

リサコがケニーのライブを聴いてどう感じたのか本音をポロリ

『以下このシーンで重要な会話の一部です』

リサコ
リサコ

好きだよってことは伝えてくれて私もみたいなことは伝えた。

ハルカ
ハルカ

付き合うの?

リサコ
リサコ

それで悩んでる。今。

カオリ
カオリ

はじめてライブ見てなんか変わったことはあった?

リサコ
リサコ

フッたのにああやって感情を伝えてくれる人は本当に好きだと思った。


やはりケニーのライブを聴いてリサコの気持ちは高ぶっていました。


付き合うかどうか結論を出せていないもののかなり好感を持っている様子。


この後リサコはケニーの告白にどんな結論を出すのでしょうか。

よしろー
よしろー

やっぱり、男らしく思いを伝えるというのは恋愛する上で大切なんだな。


カオリが意外な好意と悩みをこそっと話す。

引用)

リサコが食事で部屋を抜けカオリとハルカだけになった女子部屋。


二人はさらに深い本音く本音に踏み込んでいきます。

ハルカ
ハルカ

ルカ君にアピールされなかった?

最近カオリちゃんがお気に入りっぽいじゃん。

カオリ
カオリ

ルカは別に…

彼自信が頑張らないといけない時期。


ルカに対して恋愛感情はまったくないという反応。


ここからカオリの思わぬカミングアウトが飛び出してきます。

カオリ
カオリ

この前屋上に行った時リサコとルカの話をしてて


最後にショウヘイはどうなのって言われて、結構動揺しちゃったの。


正直すごい好きだったのね。


ここでカオリがショウヘイのことが好きだったというカミングアウトが飛び出します。


絵をかいててもショウヘイがダサいと思わない仕事をしたいと思うところからはじまり築いたら好きになっていたそう。


ただハルカがショウヘイに対して「カオリはどうなの?」と聞いた時「友達になった」という発言をハルカがこっそり聞いたようで。

カオリ
カオリ

今はショウヘイへの気持ちを頑張って鎮火してる。


よしろー
よしろー

カオリは自分の持っていない自由な雰囲気や芸術的なセンスがあるショウヘイにひかれたのかもしれませんね。


序盤ではショウヘイの夢に対するスタンスに疑問をもっていたカオリですがそれが恋に発展するとは。



今後も2人の動きに注目。


ハルカがルカの夢について詰め寄る?

もっとちゃんとしてほしいな。

ハルカ
ハルカ

この前、小学3年生のレイ君って子が「マーベルになりたい」って言ってたの。

でルカ君と同じじゃんってわたしは思っちゃったのね。

ルカ
ルカ

うんうん。

ハルカ
ハルカ

発言の精神年齢がすごいひくいと思う。


ハルカはルカの夢に対して「もっとちゃんとしてほしいな」
って思うを告げます。


小学三年生の子供が言っている発言とかわらないよ中々厳しい意見をぶつけました。


というのもルカがマーベルにどうなりたいって聞いても俳優になりたいじゃなくてスパイダーマンになりたいなど、夢に対してあやふやな部分を気にしているよう。


どうやって?の部分にあまりにも力を注いでいないように見えているハルカからの指摘が展開されています。

ハルカ
ハルカ

もっと現実を見てほしい。


ケニー最後の晩餐リサコの回答は?

リサコ
リサコ

卒業するまでに考えてって時間くれたじゃんね

ケニー
ケニー

うん、うん。

リサコ
リサコ

0か100で決めなきゃいけないんだろうけど。

決めれなくて。

でも0とか100とかで終わらせたくない。

気持でもあって。

これからゆっくりケニーさんのことをゆっくり知る時間が欲しいんだけど。

どうしたら気持ちが伝わるか考えた結果。

一緒に卒業しようかと思って。

ケニー
ケニー

え?!


ケニーとの関係に結論が出ないとのことで、もっと二人の時間を作りたいとリサコも卒業することを決断したシーンです。


ケニーがとてもうれしそうなのが印象的でした。

よしろー
よしろー

もう見れなくなっちゃうのは残念だけど。この二人はうまくいってほしい!


最後にケニーがリサコにキスをしようとするシーンも。

文字では表現できません続きは本編をお楽しみください!!

よしろー
よしろー

うわ!刺激がつよい。

関連情報:バックで流れているおしゃれな曲は?

Lovin' You

ちなみにこのシーンバックミュージックでかかっていた曲が気になりすぎて調べてみました。

佐藤千亜紀の【 Lovin’You 】という曲です。


このシーンにぴったりの曲ですねぇ~。

ユウスケがハルカにアプローチ結果は…?


ハルカがユウスケにギターを教えてもらうシーン。

ユウスケは意を決してハルカをデートに誘いますが、、、

ユウスケ
ユウスケ

(日本にいる間)最後花火大会とか行けたらすごい良いなって。

ハルカ
ハルカ

いいね。行けたらいいね。

ユウスケ
ユウスケ

うん。なんか正直いまの自分の気持ちを言うと。

ハルカさんのことが結構異性としてきになっているの。

ハルカ
ハルカ

うん。

ユウスケ
ユウスケ

で、もし3回目もしよかったらそのつもりでどっか行けないかなって。花火大会とか。

ハルカ
ハルカ

そのつもりじゃなかったら行かない方が良いってこと?


ハルカはユウスケから異性としてみていてそのつもりなら花火大会に行きたいと提案をします。


でもハルカは異性としてでなくユウスケはまだ人間性として好きと回答。


お互い友達として時間を進めていきたいなって、すごい思っちゃう。

ハルカ
ハルカ

それでもいいなら花火大会行こ?

ユウスケ
ユウスケ

じゃあ行く、、、?(笑)

考えよる。


なんとも後味ほろ苦い結果となりました。まだ異性としてハルカ見れないと反応をしています。


それでも行く?と鋭い眼光で言われたじろいてしまうユウスケでした。

よしろー
よしろー

ユウスケお前は悪くない!相手が強敵すぎた。

ここはいったん退却しても、だれもその勇気を笑わないぞ。

関連情報:ハルカの来ているポロシャツは?

ユウスケの告白は無残な形で終わりました。


がこのシーン僕が気になったのものがもう一つあります。


ハルカの胸についているかわいい鹿ちゃん。


このブランドが何なのか気になって調べてみました。

出てきましたこちらのポロシャツ。


ブロンド名は『アバクロンビー&フィッチ』アバクロという愛称で親しまれているようです。


アメリカのカジュアルファッションブランドで、カジュアルでラフなデザインと上品さから若者から支持を受けているようです。


ブラピやマライヤ・キャリーなど豪華俳優が愛用したことでも注目を集めたようです。

よしろー
よしろー

ワニとか馬とかも良いけど、鹿ちゃんもかっこよいね。


気になる新メンバーがついに…


リサコとケニーが抜けるのでいよいよ次週新メンバーが2人も登場!!

今週のクライマックスはこちらのシーンです。

家族で仲がいい女性の新メンバー?


家族で団欒する様子が最後出てきました。

このシーンで分かること
  • 家族みんなとても仲が良い。
  • 大学生。
  • 恋愛がしたい。
  • お兄ちゃんのしゃべりがたっしゃ。


それからシーンは飛んで男が一人部屋で作業をしているシーンへ。


新しい男性メンバーが見切れます。

新しい男性メンバーはスピリッツ連載のイタリア人漫画家か?!


場面は変わって男性メンバーが見切れる場面が現れます。


イタリア語でママにテラスハウスの出演の報告をしているシーンです。

このシーンで分かること
  • 10月に雑誌の連載が決まった。
    ⇒スピリッツが映りこんでいることから伏線である可能性あり。
  • イタリアの漫画家である。
    ⇒イタリアの言葉でママに話している。


という事で2人のあらたな入居者はだれなの!?


ってところで今週も

バタン

よしろー
よしろー

来週が気になるって。

イタリア人漫画家がぜったい恋愛関係をかき混ぜるし、対象的なピュア女子大生がどんな恋愛をしていくのか。


今後も目が離せない!


コメント

タイトルとURLをコピーしました