夏の花火を快適に。行く前に知ってほしいこと11選【実体験】

雑記
スポンサーリンク

こんにちはよしろーです
夏と言えば花火大会。今年もすでに2回行きました。


そのたびにチクショウもっとこうしておけば快適だった。と思うことがあり、その魂を込めてこのブログを書いております。


という事で本日は花火大会を快適に過ごすポイントを紹介。


この記事を見ていただいたあなたが今よりもっと夏の花火大会を快適に過ごすために知っておいてほしいことを共有します。


スポンサーリンク

花火大会に行く前に知っておくべきこと。

まず花火大会に行く前に知っておいてほしいことはこちら。

  • あ!忘れた!を防ぐための万全な準備について。
  • 花火大会を楽しむために当日すること。


以上の2つのポイントから花火大会に行く前に知っておいてほしいことをご紹介させていただきます。


あ!忘れた!を防ぐための万全な準備とは?【6選】


まず行く前に知っておいてほしいのが花火大会であると快適なものです。

あ!忘れた!とならないためにも参考にしてもらえればと思います。

花火大会で最低限あると良い物はこちら

  • 虫よけスプレー・かゆみ止め
  • ビニールシート。
  • ごみ袋
  • フェイスタオル
  • ティッシュ
  • デオドラントスプレー


これらを忘れなければが夏の花火大会を楽しむことが可能になります。

虫よけスプレー・かゆみ止め


まず紹介したいのが虫よけスプレーとかゆみ止め。


これは必須です。


観覧する場所が河川敷などの場合は特に虫刺されが尋常ではない。


虫よけスプレーは最低でもあった方が快適に観ることができますよ。

ビニールシート


以外に忘れそうになるのですがあった方が良いのがビニールシート。


ビニールシートがあれば草や土が服につくことも防げますし、先ほどお伝えした虫刺されもないよりましになるます。


近くで売ってる場合もあるので準備する必要ないという人もいるかもですが、だいぶ並ぶもしくは高いです。


余裕があればあらかじめ100円とかで買っておいて準備しておくのがお勧めですよ。


ごみ袋(小さめのビニール袋など)


ごみ袋は持っていると便利。


花火大会ってふき取ったティッシュなどちょっとしたごみが出がち。


そういうときに準備していると便利にです。


若干おおきめの物だったら雨など降ってきても、荷物を覆うことができます。


フェイスタオル


フェイスタオルはめちゃくちゃいります。


夏場すこし歩いただけでも汗がふきだしてきます。


ティッシュ


あると便利なのがティッシュ。


ちょっとした汚れをふき取るのにとても便利です。


飲み物をこぼしたり食べ物をこぼしたり。


花火に気を取られてついうっかりしてしまうことがあります。


そんな時、少しもっていると安心です。

デオドラントスプレー


汗をたくさんかくと思いますのでデオドラントスプレーもあると良いです。


周りの人への配慮になりますし、好きな人と来ているのなおのこと。


持っているだけで汗を気にせずに楽しむことができます。



以上が花火大会であると便利なものでした!


楽しい時間を残念にしないためにも最低限必要なものをピックアップさせていただいております。


続いては、当日の花火がもっと楽しくなる方法について深堀です!


花火大会を楽しむために当日すること!


さぁ準備万端だ!


当日どのように行動すれば花火大会がもっと楽しめるかをここからは深堀しますね。

当日やっておくとよいこと

  • 近くのコンビニやスーパーで酒やつまみを買っておく。
  • 遅くても花火の始まる1時間半前に行く。
  • トイレを済ませておく。
  • 草履をはく人は靴ズレ防止のばんそうこうを。
  • 帰りの電車に向けてスイカをチャージ。


以上が花火大会当日にやると良いことです。これだけじゃ詳細までつかめないのでここからさらに深堀いたします。

近くのコンビニやスーパーで酒やおつまみを買っていく。


花火のだいごみは出店という気持ちはわかります。


それでも近くのスーパーやコンビニを利用しておくといいですよ。


並ばなくていいですし安いです。


もし出店の雰囲気も味わいたい。という事だったら場所を取った後で少し買い出しに行くという使い方をすると便利です。


遅くても花火の1時間半前に行く。


座ってみたいと思ったら遅くても花火開始の1時間半前につくのが良いです。


かなり早いように感じるかもしれませんが、花火を待ってるわくわく感や


一緒に来ている人との会話を楽しめるのでこの時間は意外とあっというまです。

トイレを済ませておく。


あらかじめトイレを済ませておくとよいです。


花火大会になると人数に対してトイレが限られているということもあるので、かなりの行列ができることも。。


特にお酒を飲み始めるとトイレが近くなりますよね。


そうなると仕方ないのですが、事前に済ませておくとトイレ前の混雑からある程度回避することができますよ。


草鞋を履くという人は靴ズレ防止のばんそうこうを。


花火と言えば浴衣に草鞋。という人もいるのではないでしょうか。


そこで注意してほしいのが靴ズレ。


歩くのが痛いと花火大会の楽しさも減ってしまいます。


張り切っていつもと違う草鞋を履く時は靴ズレ防止のばんそうこうを貼っておくというのが得策です。


帰りの電車に向けてスイカをチャージしておく。


スイカをチャージしておくというのも大切。


花火大会は帰りがめちゃくちゃ混雑します。特に駅付近は身動きが取れないなんてことも。


そんな時にチャージが切れているとかなりつらいですよ。


僕は何度か経験あります。。地獄でした。


なので行く前に余裕をもってチャージしておくのが良いです。


まとめ


今回は花火大会をもっと楽しんでもらうための記事でした。


夏の思い出には欠かせない花火。


ぜひ今回深堀した内容を活用して素敵な思い出を作ってみてください。


やっぱり夏は素晴らしいね!


ということで本日はここまで、

このブログでは新社会人や大学生に向けて
これからの健康や、ライフスタイル、仕事などについて毎日ブログを発信しています。

よかったらまたふらっと訪れてみてくださいね!


最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました