人見知りの原因と改善方法について実体験から考えてみた。

雑記
スポンサーリンク

こんにちはよしろー(@yoshiro_program)です。
いきなりですが、僕は人見知り出身です。

すいません嘘つきました。


今も人見知りです。

そんな自分でも、合コンや居酒屋の女の子に声をかけるというチャレンジを繰り返すことで、人見知りを少し克服しました。


なので、最近はその人見知りが改善されて、
しゃべる人見知りといことで回りから認知されています。


人見知りの人を変えようと努力したら逆に自分を隠すために話しまくるようになるという現象らしいです。

ということで同じような人見知りの人が困らないように。



本日は人見知りの原因と改善方法について深堀していきます。


こんな人に読んでほしい。

お悩み太郎
お悩み太郎

人見知りなんだけど….

  • どうして人見知りが発動してしまうかわからない。
  • どうにかして、人見知りを改善したい。
  • どうしたら改善されるかだけでも知りたい。

ドヤ先
ドヤ先

今日はそのような悩みをドヤっと解決するよ。

スポンサーリンク

どうして人見知りって発動するのか考えてみた。


どうして人見知りが発動するのか自分を例にして考えてみました。


人見知りが発動する理由。

  • 自分に対する自信のなさ
  • 人からどう思われているかの恐怖。
  • 恥をかくことへの恐怖
  • 他人に対する恐怖心



自分の場合このようなことが原因で、大学一年生までよく人見知りを発動していたことを思い出します。


これらに共通していることは、自信です。


自分が問題をどのように乗り越えてきたのかを次の章で深堀します。


どうしたら人見知りを克服できるか?経験から考えてみた。



まず人見知り克服で乗り越えないと...いけない壁。


それは自信をつけることです。


まず自分を信じることができなければ、人を信じることなんてできません。なので人見知りを克服する第一歩は自信を身に着けることです。


でもこれがはじめに必ず現れて、難しい問題です。


自信というのはどこからやってくるのでしょうか?


結論から言うと



自信 = 行動 × 成功体験


だと思います。なので自信をつけてから行動するというのはおかしく。行動することで自信がつく順番です。


挑戦と行動を続けることができらば自信がつきます。


ここで大切なのは、
はじめから考えすぎないこと。


自分ではできないことを考えて成功しているならすでに成功しています。


今の頭にない考える材料を馬鹿になって行動し、とってくる。これか今の自分から抜け出し自信を持つすべたと思います。



大切なのは、
自分が知らないという事を知ることです。



これは自信とは相反する概念かと思います。でもこのことを知ることで行動することができます。


はじめから考えすぎて、行動をできないと自信もついてきません。



その理由は2つあります。

  • 成功体験を積むことができない。
  • 失敗に対する耐性をつけることができない。


どうして成功体験を積まないと自信がつかないのか。


成功が自分のごとにならないからです。


自分ごとになっていない成功イメージはうまく思い描くことができない。どんなに人から成功体験を共有されたとしても自信にすることはできません。



どうして行動しないと失敗に対する耐性が付かないのか。


失敗がわからないことだからです。


知らないことは人間怖いです。目に見えないものも。(私はお化けが苦手です。)


例えば、ここで声掛けたらどうなるのだろうか。知らないととてつもなく怖いこと


でも過去に挑戦と経験があれば、失敗してもリスクはこのくらいだなと怖いことでもなんでもなくなります。


特に人の気持ちというのは答えがないので、間違っていることがほとんどです。



大切なのはいかに答えの打率を上げていくか。



なのでどんな人も勘違いをしているし、間違っている。


はじめから答えに行こうとするのではなく。失敗していることが大前提だととらえてください。


いきなり答えに行き着くことはできないので、打率は上がりません。


ごちゃごちゃ言いましたがまとめると



自信をつけるためには行動が必要。

①経験していなものは怖いか
②成功体験を積むことができないから。



そのためには初めから賢くならない。



行動するためには、知らないことを自覚すること。


自分の人見知りを少し克服できた経験


いきなりわかってる風のお話しをしましたが、自分が振り返ってみてそう考えるのには理由があります。


自分が行動することで人見知りを克服してきたからです。


具体的には


大学生になり、自分が人見知りであることを知った。


なぜ気づかなかったか。僕の育った高校までの環境はいつものメンツとしか出会いがなかったから。


でも大学は違いました。大勢の人が自分の目的や価値観で自由にコミュニティを形作っている。


今まで、いかに同じ集団のぬるま湯に考えることなく、浸って生きてきたかを感じた瞬間でした。


都会に一人。


つながりがない状況。行動しないといけないと思いいろいろ挑戦をしました。

  • 週末にインカレサークルに行きまくる。
  • 大学の学生団体の人と活動してみる。
  • マラソンに挑戦してみる。
  • 居酒屋のいる人にナンパをしてみる。
  • テレアポのバイトをして電話をかけまくる。

本当にいろんな人と出会いと別れのあった4年間でした。


その中で積み上げた成功体験が今では初対面の人でも早口なら話せる。というところまで改善された秘訣です。


正直いま思い返すとほんとダサいことばかりですよね。


でも結果として、失敗がつめたことに感謝しています。失敗していないと怖いことばかりでした。


今でもきっとそうだったと思います。


わからない何かに恐怖を感じて生きていたのが楽になりました。


人見知りの人はきっと賢すぎるが故の人見知り

です。なので行動しているときは考えない。


良い意味での思考停止状態が必要です。


目的にコミットするためにあらゆる雑念を捨てる。それが良い意味での思考停止状態です。


まとめ


本日は人見知りの原因と克服についてお話しをさせていただきました。


これを見たひとりでも多くの人が何かしら一歩行動できることを願っています。


この記事をみて、1つでも行動できた人、成果が出たという人がいたら励みになりますので、是非ツイッターよしろー(@yoshiro_program)までDMをください。


お待ちしております。

納得五郎
納得五郎

『 本日のまとめ 』

人見知りが発動する原因

  • 自分に対する自信のなさ。
  • 人からどう思われているかの恐怖。
  • 恥をかくことへの恐怖
  • 他人に対する恐怖心

自分が思い当たるものを挙げてみました。他にもあるという方がいたら教えてください。


どうしたら克服できるか?

自信をつけることが必要。


自信は 行動 × 成功体験 から生まれる。


ということで本日はここまで、

このブログでは新社会人や大学生に向けて
これからの健康や、ライフスタイル、仕事などについて毎日ブログを発信しています。

よかったらまたふらっと訪れてみてくださいね!


最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました