行く前に知っていたい風俗の種類と利用方法の概要【東京編】

よしろー
よしろー

今日はよしろーです。
東京で暮らして4年。住んでるいろんな人間とかかわることで風俗の知識がどんどん増えてきました。

本日は初めていってみたいと思っている人にどんなところなのかをわかりやすく解説していこうと思います。

お悩み太郎
お悩み太郎
  • 東京にどんな風俗があるのか知りたい。
  • 初めて行くけど遊び方がよくわからない。
  • 興味はあるけどぼったられそうで怖い。

以上のような人に読んでもらいお役に立てればと思います。


それでは東京の風俗についてどんな内容なのか行ったこともない人に向けてお伝えしていきます。

本日の内容】

  1. 種類で見る東京の風俗と遊び方。
  2. エリアで見る風俗とそれぞれの特徴。


種類で見る東京の風俗と遊び方について


まず東京で遊べる代表的な風俗は以下の通り。

  • ソープ

  • ヘルス

  • ピンサロ

  • オナクラ


以上の5つが代表的なものだと思われます。東京でデリヘルは利用したことないので店舗型の4つに絞って深堀していきます。

東京の店舗型風俗①:ソープ


まず深堀するのはソープランド。


風俗の中で最後までできるのがソープの特徴です。風俗の中の風俗ということでサービスをしてくれる女性もプロ感があります。


なので始めて風俗に行くといった方や女性慣れをしていない人であっても基本受け身で楽しめるのが特徴。


サービス内容が濃いことから他のカテゴリーのものよりも値段が高いです。

ソープランドの注意すべきポイント


ソープランドに行く前に注意すべきポイントは入浴料金とサービス料金が違う事です。

普通 入浴料金 + サービス料金 となっています。看板やサイトの情報は入浴料金だけとなっているところがありますが確認が必要です。


だいたいトータルの費用が入浴料金の3倍以上である場合が多いです。


総額という表示の記載がない場合は気をつけてみてください。


サービスの質やスタッフの質が変わってくる目安は以下の通り。

【店舗ランク】【価格】
格安店~ 30000 円
大衆店30000 ~ 50000 円
高級店50000 円 ~


東京の店舗型風俗②:ヘルス


続いて深堀するのがヘルスといった業種です。


すごくざっくり言うとソープから本番の行為をのぞいたのがヘルスです。その他は基本ソープと同じで最終的には素股と呼ばれる入れずに疑似で入れているのかと思わされるテクニックによってフィニッシュするケースが多いです。


あくまで個人の見解ですが感覚値的にはソープと比べるとやや素人感のあるスタッフが多いように思われました。


それから価格もソープより安いといった感じです。

【店舗ランク】【価格】
格安店~ 6000 円
大衆店6000 ~ 20000 円
高級店 20000 円 ~


東京の店舗型風俗③:ピンサロ


続いて紹介するのがピンクサロンと呼ばれる業種形態。


ワンフロアに広いソファーが並べられて半個室のようになっているのがピンサロの特徴です。


時間もソープやヘルスとは違い30分と短いのも特徴の一つ。サクっと低価格でぬきたい人にオススメ。


最終的にはフェラなどのプレイが楽しめます。

【店舗ランク】【価格】
格安店~ 6000 円
大衆店6000 ~ 10000 円


東京の店舗型風俗④:オナクラ


最後に紹介するのがオナクラ。

ピンサロはフェラをしてくれますが手コキによるフィニッシュを迎えるのがオナクラの特徴です。


また基本価格は安い物の洋服の上からタッチや服を脱いでもらうといったことをすると別料金となります。

他の業種より素人感があり低価格で疑似的なイチャイチャをより大切したいにオススメです。

【店舗ランク】【価格】
格安店~3000 円
大衆店3000 ~ 5000 円
高級店5000 円 ~


業種別の特徴マトリックス

【業種】【相場】【特徴】【女の子】【主要な街】
ソープ15000 ~ 初めて行く人
しっかりサービス
全体的にサービス要素強め。吉原
ヘルス8000 ~個室でゆっくりしたい。キャストによる。特定の場所なし
ピンサロ2000 ~ 安く抜きたい。キャストによる。池袋・五反田
手コキ2000 ~素人感のあるプレイ。全体的に素人感あり。新宿・新橋


エリアで見る風俗とそれぞれの特徴。


東京の場所でそれぞれ得意としているジャンルが違います。また地域ごとの特性が違っていて面白いと感じたのでまとめてみました。


あくまで個人の見解ですが特性は以下の通りです。

【場所】【特徴】
吉原東京で一番ソープが立ち並ぶ街。昔からあり老舗も多数存在。
五反田ピンサロの多い街。女性が入れ替わる回転システムがある店が充実
大塚ピンサロ店が多く質は高くないものの安いのが特徴。
池袋ピンサロ店とソープ店があり質が高い。相場と比べ価格も手ごろ。


以上4つが東京でも特徴的な風俗スポットです。


それぞれ特性がありますのでここからどういう事なのか場所別に深堀をしていきます。

関東風俗スポット①:吉原(老舗の残るソープの町)


吉原は昔から存在する関東屈指の歓楽街。

吉原についての情報

吉原(よしわら)は、江戸時代に江戸郊外に作られた、公許の遊女屋が集まる遊廓(吉原遊廓)、およびその地域の名。現在の東京都台東区千束四丁目、および三丁目の一部にあった[1]。現在は日本最大のソープランド街として知られる[2]。

引用)wikipedia


昔ながらの風俗街です。店も店舗が多く立ち並ぶのが特徴。


ただ少しキャストの年齢層が上がってるとの話もある街です。


初めてどこか遊びに行くか迷ったら行ってみるのもありかもしれません。

関東風俗スポット②:五反田(回転が特徴のピンサロ)


続いて紹介するのが五反田。


特徴は女の子が入れ替わる回転システムのピンサロが多く立ち並ぶのが特徴。


またキャストの年齢層は低く若い子が好みという人にはオススメの街です。

関東風俗スポット③:大塚(ただただ料金が低い)


3つ目のスポットは大塚。



特徴はただただ金額が低いという事。形態はピンサロが多いのが特徴となっています。


料金が低いぶんサービスや見た目の質は下がります。とにかくやすく行ける店を探している人におすすめの町です。

関東風俗スポット③:池袋(レベルが高い)


最後に紹介するのが池袋。キャストが若く質が高いです。


価格に関しては五反田とかわりません。


特に池袋のピンサロは東京の中でも質が高いくて有名です。


初めてどこに行こうか迷ったら池袋はおすすめの町ですよ。

まとめ


本日は『行く前に知っておきたい風俗の種類と利用方法について【東京編】』について紹介しました。


もしこれから始めて東京で風俗にチャレンジしようと思っている人の参考になると嬉しいです。


街にいるキャッチにはついていくと怖い目にあうことがあります。くれぐれも注意して、安全に遊んでみてください。

ということで本日はここまで、

このブログでは新社会人や大学生に向けて
これからの健康や、ライフスタイル、仕事などについて毎日ブログを発信しています。

よかったらまたふらっと訪れてみてくださいね!


最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました