あなたの恋愛が友達以上恋人未満から進展しない理由。

LOVE STRART
スポンサーリンク

【こんな人にぴったり。】

気になっている人がいるけ今回も恋人未満で終わりそう。

仲は良いんだけどそこから恋人の関係に進展していかない。なんでそうなるんだろう。どうしたらいいのかなぁ。。


この記事を読むと
  1. 恋人未満で恋愛が終わってしまう原因について知れる。
  2. 自分の恋愛がどのような状態なのか客観的に知れる。
  3. これからどう対処していけば良いのかわかる。


この記事の信頼性

参考文献

口説きの教典 ──カリスマナンパ師ミステリーの恋愛メソッド | ミステリー | ビジネス・経済 | Kindleストア | Amazon
Amazonでミステリーの{ProductTitle}。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。


【この記事を書いた人】

よしろー
よしろー

モテないぼっち大学生から分析とナンパを武器に

  • 童貞を卒業した1年でワンナイトを30人以上繰り返す。
  • 2年以上付き合う彼女を見つける。


上京したばかりの僕がは夢にも思っていなかった2つのことを行動と分析により実現しました。

ワンナイトの写真


付き合っている彼女との記念日


スポンサーリンク

友達以上恋人未満で終わってしまう前に。知って欲しい恋愛プロセスを紹介。


いつも友達以上恋人未満で終わってしまうあなたにお伝えしたいのが男女の関係に至るまでのプロセスです。


プロセスを知ることにより自分のどんな部分が上手くいっていなかったのかより客観的な視点で分析することができます。


なんのあてもなくもやもや悩んでしまうまでに知っておくべきプロセスを訪れていただいたあなたに紹介していこうと思います。


必用な恋愛プロセスは以下の通り。

  1. 惹きつける。
  2. 和みを築く。
  3. 口説く。


このようなフェーズを理解し効果的にアプローチすることができれば、友達以上恋人未満で終了してしまう恋愛関係において改善することができます。


こうした段階を踏まずに恋愛を進めると陥る罠がありますのでここから詳しく見ていきます。

プロセスがうまくいかないことで陥る4つのワナ。


このようなプロセスを知らずに恋愛をすると陥る4つのワナがあります。それが以下の問題。

間違い状態問題
最初に口説く。終わりから始まっている。下心がばればれになり嫌悪感が発動。
最初に和み。中間から始まってる。美人は毎日のようにはじめから和みを築こうとする良い人からアプローチを受けている。
惹きつけるが和まない。始まりからスタートしているが中間を省略して終わりに直行している。信用を得ていない状態。運よく肉体関係を持つことができても恋人には関係にならない。
惹きつけと和みしかない。始まりからスタートしているが中間で動けなくなっている。問題のお友達ゾーン。男と思われておらず居心地の良さだけを提供している状態。


間違い①:最初に口説いてしまっている。


初めの間違いは惹きつけることなく口説きを初めている場合。


女性からすると下心が強く感じられ好みであってもそのあとの段階に進むことができない状況になってしまいます。


こうした問題を防ぐためにはを男性としての価値を表現しつつ相手にそれほど興味を持っていないようにすうることが必要。


間違い②:最初に和んでしまっている。


2つ目の間違いは最初から惹きつけがなく和みから入ろうとしている状態。


口説かず愛想よくしているだけで女性からは何かを得ようとしている男と思われてしまいます。


また美女であればこうした良い人にたくさんアプローチをさているのであくまでその中の1人にしかなりません。


こうした問題を回避するためには女性に対して媚びた雰囲気をださず対等に話すことができなければいけません。

間違い③:惹きつけるが和みが足りていない。


次に惹きつけはあるが和みが足りていない状況。



なごみが省略されることで見た目だけで選んでいるという印象を与えてしまいます。


また過去にこうした男で失敗をしている場合は過去の後悔が出てきてしまいうまく次のフェーズに進めません。


問題を回避するためには惹きつけで出てきた脈ありサインに丁度良く答える必要があります。


反応しすぎるろとありふれた男となりなさすぎるともて遊んでいる男となります。

間違い④:惹きつけと和みしかない。


惹きつけと和みのみだと問題のお友達入りをしてしまいます。


お友達とは長い時間をかけてお互いをよく知った男女間で、女性に対し恋愛感情があるにもかかわらずそれを伝えられていないことをさします。


回避するためには和みを築く段階でのスキンシップが必要。例えば手を握るや物理的距離を縮めるといったこと。


タイミングを見てこうした変化がなければお友達フォルダーに入れられていまいます。

もしお友達のゾーンにはまってしまっていたら抜け出すための回避策


ではもしお友達ゾーンに入ってしまったらどうするのが得策でしょうか。


結論しばらく距離を取りやりなおすことが得策だと思います。


一度友達ゾーンに入ってしまうと何かのきっかけがないと中々抜け出すことができません。


別人のように生まれ変わってもう一度出会えばチャンスは広がります。


まとめそれぞれのフェーズでやるべきこと。

3段階モデル詳細
惹きつける
(出会いのロケーション)
①アプローチ
②関心を持たせる
③関心を見せる
なごみ
(和みのロケーション)
①会話をする
②つながりを築く
③親しみを築く
口説く
(口説きのロケーション)
④前戯
⑤最後の抵抗
(LMR)
⑥ベットイン


具体的にはこのように段階を挟んでいく踏んでいく必用があります。

フェーズ①:惹きつける。


まず初めに惹きつける必要があります。


具体的には女性に近づいてつかみのセリフを言い。


そのあとの短い時間のなかで興味や関心をもってもらうよう会話をしていきます。


この時点ではまだ関心を出しすぎてはいけません。


話をしている中で反応が良くなっている場合はこちらも脈ありサインを出していき和みの段階へと入っていきます。


フェーズ②:和む


和みの段階では心理的な距離感と物理的な距離感を近づけていきます。


やるべきことは雑談を交えお互いのことをよく知ること。


和み始めたらお互いに良い感じどいう雰囲気を演出していくことで関係性を深めていきます。

フェーズ③:口説く


最後に口説くというフェーズ。



ここでは女性からの最終テストがあるかもしれませんが動じないでください。


もちろん本当に嫌がっている場合もあるので見極めは必要です。


ですが対手にの場合は尻軽と思われたくないという事からすんなりいくことばかりではないです。


動揺させるような質問をしてきますが落ち着いて対処をしていくことでゴールが近づきます。



あとがき

よしろー
よしろー

本日は『あなたの恋愛が友達以上恋人未満から進展しない理由。』という内容でお伝えしてきました。

この記事がこれから恋愛を始めようとしている人の参考になればうれしいです。


ということで本日はここまで、

このブログでは新社会人や大学生に向けて
これからの健康や、ライフスタイル、仕事などについて毎日ブログを発信しています。

よかったらまたふらっと訪れてみてくださいね!


最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました