クリスマスまでに彼女が欲しい!【ぼっちが彼女を作るまでの過程】

LOVE STRART
スポンサーリンク
よしろー
よしろー

こんにちはよしろーです。
今年もクリスマスが近づいてきましたね。クリスマスまでに彼女を作るラストチャンスといったところでしょうか。


東京に上京して大学1年目は一人寂しくクリスマスを過ごしていた私よしろーも大学2年からは彼女ができました。


本日はぼっちな大学生だった僕が彼女を作るまでに行った行動についてお伝えしていきます。

考える人
考える人

クリスマスまで気がついたらもう一カ月。


彼女がいたら楽しいイベントを過ごせるはず。


でもこのままだと彼女ができる気がしない。自分の行動によって彼女を作る方法ってあるのかなぁ。

本日はこのような人に向けて読んで欲しい記事を執筆いたしました。5分で読めます


参考にしてみてください。

この記事を読むと
  • 体験談を元に彼女を作る方法が体系的にわかる。
  • 具体的にどう行動して良いかわかる。
  • どのような手順で何をやっていくのがベストか知れる。


この記事の信頼性

今からお伝えする方法で

  • 童貞を卒業した1年でワンナイトを30人以上繰り返す。
  • 2年以上付き合う彼女を見つける。


上京したばかりの僕がは夢にも思っていなかった2つのことが実現しました。

ワンナイトの写真


付き合っている彼女との記念日



スポンサーリンク

クリスマスを彼女と過ごしたかった僕が取った4つの方法。

まずはぼっちだったあの時のお話し。【行動するまで僕】


まず彼女できず童貞だった時の状態はこんな感じ。

  • はじめての人と話すと手汗が止まらなくすぐ挙動不審に。
  • 傷つかず効率的にうまくいく方法ばかり模索。
  • プライドが高くて卑屈な性格。
  • 上手くいかないことを環境のせいにする。


なんにもないけどなぜかプライドだけは以上に高かった当時の私。


でもさすがに大学生にもなってボッチ生活が続き周りがどんどんと彼女を作っていく中、僕にはできないと焦ります。


中高までは部活で忙しいからという言い訳でなんとか乗り切ってたけどさすがに現実と向き合おうと思いました。


その時にため込んでいたプライドが崩れ落ち。開き直って自分で行動をしてみようと思えました。



よしろー
よしろー

痛みがあったからこそ自分をかえりみた瞬間でした。


どうやら彼女ができないのは見た目だけの問題ではないらしい。


まずどうして彼女ができないのか。考えてみました。そこで一冊の本と出合います。


藤沢数奇の恋愛工学は不器用な男性が恋愛についての理論を学ぶことで成長していくという物語です。

それまでモテないことに対して思考停止していた私にとって衝撃的な内容でした。


運命とかファンタジーの世界だった恋愛について法則が言語化されています。


きっと思春期に恋愛経験をして育っていればこのような書物はいらないんだと思います。


ですが私のような大学デビューにはぴったりの書でした。


この本のすごさはみんながなんとなくそうだよね。と思っていることを言語化し全く知らない自分のような存在にも伝えてくれたことです。

具体的には

  • 恋愛のACSモデル。

    A(興味) 

    C(心理的距離感を近づける) 

    S(口説く)

  • グッピー理論。

    モテるからモテるのでなく。モテているからモテるという理論。


恋愛工学理論①:恋愛のACSモデル


男女の関係が進展していく過程をフレーム化させたのがこのACSモデル。


それぞれの意味は

  1. A ・・・  Attraction (興味)
  2. C ・・・  Comfort(信頼)
  3. S ・・・  Seduction (誘惑)


このような流れをふんでいくことで女性を恋愛関係にもっていくことができます。


詳しいお話はまた別の記事で行っていきます。

恋愛工学理論②:グッピー理論


もう一つ驚かされたのがモテるやつがモテるのではなくモテているやつがモテるというグッピー理論。


どのようなことかというと。

グッピー理論とは?

まず普通レベル以下のグッピーが交尾している様子を、別のメスのグッピーに見せる。

・普通レベル以下のグッピー(セックスをしたオス)
・綺麗な尾びれ背びれを持ったグッピー(イケメングッピー)
・交尾を見ていたメスのグッピー


その後、3匹を同じ水槽に入れる。

すると、メスはイケメングッピーとは交尾せず、先ほど他のメスと交尾をしたフツメングッピーの方へと向かっていく。



つまり恋愛においての評価は他人の評価に依存しがちだという事。


つまり自分がモテているという評価はどうでもよくモテるという雰囲気を作ることが最重要課題であるということを認識しました。


本を読んで行動を始めたらリアルが少しずつ変わっていきました。

本を読んで自分が変わるための問題点を抽出してみた。


本を読んでいろいろ考えた。結果自分には3つの弱点があると思い行動をしました。

モテる前にもっていた弱点

  1. 女性の前で動じる繊細なメンタル。
  2. はじめての相手とトークを膨らませるコミュニケーション能力。
  3. 相手に好印象を与える見た目。
よしろー
よしろー

本を読んだ自分は足りないのはこの3つだと仮説を立て。検証するために行動をしていきました。

3つを通して言えるのが理論が分かっていても外に発信するアウトプット能力と経験値でした。


抽出した弱点を元に改善すべく実行した4つの行動

行動①:ナンパ


まず初めにやったのがナンパです。

ナンパを行った理由は、

  1. Aフェーズの印象力を強化するため。
  2. 初対面でも動じないメンタルを鍛えるため。
  3. 失敗と成功を繰り返し経験値をためるため。


ナンパは一番つらい行為ですが一番初めにやって欲しい行動です。


理由はなんといってもメンタルが鍛えられること。


見ず知らずの人に話しかけるなんて冷静に考えても頭おかしい行為ですからね。


ですがその分、動じることのない精神力を得ることができます。


そうした精神力を元に改善を怠らず違う方法に応用していくことが遠回りのようでモテへの近道です。


ちなみに冒頭でお伝えしたACSフェーズをストリートナンパに落とし込むと

A(興味) ・・・ 連絡先交換ができる。

C(信頼) ・・・ 連れ出しができる。

S(誘惑) ・・・ 個室への打診が通る。


これらのことがストリートで行えるようになったらかなり自信をもって良いです。


行動②:マッチングアプリで会話


続いて行ったことがネットナンパです。ネットナンパの利点は会話スキルを上達させれることです。


マッチングした相手と電話する時間を増やすことで路上ナンパだけで経験の薄くなってしますCフェーズを鍛えることができます。


はじめのうちは路上だけだとAフェーズで足切りされることが多いので萎えてきます。


なので簡単にマッチングできるアプリがおすすめ。


ここでデート力やコミュニケーション力を磨いていくことを同時並行でやると成長速度が加速します。

例えば、

(路上での声掛け)

瞬間的に興味を持ってもらう力を養う。

(ネット経由での会話やデート)

瞬間的な恋愛感情を持続させて信頼を得る力を養う。


このように使いわけすることができれば路上ナンパがうまくなったその先にある関係構築のフェーズにおいてもスムーズです。

行動③:趣味のサークル活動に参加。



もしあなたが彼女を作りたいと思っているのであれば、路上やネットよりも趣味のサークルや街コンがおすすめ。


あたりまえかもしれませんがお互いに共有している生活圏が増えることで関係が長続きしやすい。


またすれておらず一途な子が見つかりやすいです。そこで本当に信頼できる彼女を見つけることができればミッションクリアです。



<※成功までのイメージ>

よしろー
よしろー

最初からできる人なんていない。特に俺のようなぼっちは行動あるのみ。



まとめ


本日は『クリスマスまでに彼女が欲しい!【ぼっちが彼女を作った方法4選】』という内容でお伝えいたしました。


いかがでしたでしょうか。恋愛工学についての深堀は需要があればまたやっていこうと思います。


この記事を見た4年前の自分のような人の参考になると嬉しいです。

よしろー
よしろー

以上現場のよしろーでした!


ということで本日はここまで、

このブログでは新社会人や大学生に向けて
これからの健康や、ライフスタイル、仕事などについて毎日ブログを発信しています。

よかったらまたふらっと訪れてみてくださいね!


最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました