20代でM字ハゲになった俺がとった最終手段【克服までの一年間】

若はげ
スポンサーリンク
よしろー
よしろー

こんにちはよしろーです。

僕は20代前半で薄毛に悩まされました。

自分で言うのもなんですがめちゃくちゃ早いと思います。

薄毛になることは、親戚一同はげていたのでなんとなく予想はしてたものの、まさか20代で本格的に進行するとは思っていませんでした。

ですが、今思ってみればずるずる進むより逆に良かったのかもしれません。

薄毛に対するショックにより、一念発起して治療や生活習慣の改善に取り組むことができました。

本日は私が薄毛に悩まされてから改善してまでを伝えていきたいと思います。

ちなみに、悩んでいた髪の毛は一年でだいぶ回復しています。

1年前の髪の毛

1年後の髪の毛



今日の話は本当に暴露になると思って言うかどうか迷いましたが、過去の私と同じように薄毛で困っている20代前半の若者へ向けて届けたい思い執筆しました。

それでは、薄毛の発見から克服まで振り返っていきます。


スポンサーリンク

【悲報】20代前半でM字ハゲに悩まされた話。



僕は覚悟していました。いずれはこの時が来ることを。

そうです薄毛です。

父も、両家の祖父も。なくなったひいおじいちゃんに至るまで何を隠そう薄毛でした。

子供の僕からみればロイヤルストレートフラッシュです。いろんな意味でフラッシュでした。

『これは、最強の手札がそろってしまった。』と心の中で感じざる終えなかった記憶があります。

なので、物心ついた時からある程度は想定ができていました。

薄毛に対しては、サラブレットして鋼のメンタリティを持ち合わせていたはず。

なのにも変わらず、現実的な問題としてはげはじめ見ると状況はことなりました。

想定を上回る早さで、薄毛は進行していったからです。

正直、契約違反だと思いました。

ダチョウ俱楽部にいたらそんなの聞いてないときっと言ってたことでしょう。

ちょっとまってくださいよ。。

薄毛であることがわかり始めマイレボリューション起こした。


薄毛を感じ始めたのはある日突然でした。

鏡で寝ぐせを直していると、何回とかしても隠れない圧倒的に隠れないスペースが発見されたことが発端です。

イメージ通りの髪型にラインを整えようとしても埋めることのできないスペースを感じました。

全盛期の日本代表岡崎であれば間違えなく飛び込みであろう紛れもないスペースが確保されていたんです。

私はハゲしく悩みました。どのように髪型を整えればいいのだろうと。

自らの手で薄毛に気が付くショッキングな経験から、外出すれば鏡を見てハゲが目立ってはいないか常に確認する日々へと突入を余儀なくされていきます。

どんなに髪の毛をセットしようとしても周りの人の視線が気になり、次第に自信を持てなくなっていきました。

薄毛でないと思っていた私ですがついにギブアップです。

自覚することにしました。『今日から俺も仲間入りだ。』自らと向き合う決心をします。


薄毛を受け入れ試行錯誤の道のりと挫折。頭皮に残るものはなんだったか。


薄毛に悩まされていた私はまず生活習慣から見直すことにしました。

生活習慣の改善が自分でできる唯一にて手軽な方法だと感じたからです。

具体的にやったこと。

  • 早寝早起き
  • 朝ごはんを食べる。
  • 極力外食はしない。
  • 自炊をする。
  • 野菜中心の食生活。


それから半年たった時。

結果は努力の甲斐もむなしく、あまり変わっていなかったのです。

植毛しかないとやけを起こした自分。


これだけやってダメだったのだもう自分に残された道は植毛しかない。ルーニーだってやってる。

一度病院で話を聞きに行こう。

ということで新宿アイランドタワークリニックに無料で診察に行くことにしました。

丁寧にカウンセラーにのっていただき不安に思っていることをすべて話しました。

  • 見た目は悪い状態がどのくらいつづくのか?
  • 植えた本数うに対してどの程度はえてくるのか?


そして何よりも気になったのは値段です。

聞きたいことが色々あった私は、カウンセリングのスタッフにいろいろと相談をさせていただきました。

結果として、完全に治る理想をかなえるような植毛をすると約100万円もの費用が掛かるという結論にいたります。

折角やるなら中途半端なことはしたくない。

やるならこの金額だなと考えするかどうかの判断をすることに。

よくよく考えた末、現実に社会人のペーペーである私は踏み出すことはできませんでした。

すごく良い治療というのはわかったのですが、やはり金額がネックとなってしまい断念をしました。


望みだった植毛は断念したけど、まだ残されていた薄毛克服への道。



そんな絶望に打ちひしがれていた私でしたが、最後にたどりついたのが薬によるAGA治療です。

はじめは植毛より相場がかなり安いということで話だけ聞こうと思いで無料カウンセリングに行ってみました。

最後の希望を託しAGA治療専門のクリニックに行き少しベテランの物腰の柔らかいカウンセラーの人に話を聞いてもらいました。

相談してみて話をよくよく聞いてみると、自分の薄毛の正体がAGAということを教えてもらいました。

これまで、薄毛は遺伝によって起こるどうしようもないもので、人口的にしか生やすことができないと思っていたのですが、相談をすることで治療できることに気が付きます。

AGAって何?

男性型脱毛症(だんせいがただつもうしょう、androgenetic alopecia、androgenic alopecia、alopecia androgenitica、AGA)は、思春期以降に発症する進行性の脱毛症のことである。AGAの典型的な経過では脱毛はこめかみの上から始まり、生え際の後退により特徴的な「M字」パターンとなる。また、頭頂部の毛髪は細くなり、薄毛や禿髪となる。

(引用元)wikipedia


さらに、マイクロスコープを使い髪の状態をしっかりと検査もしてもらえました。

カウンセリングを受けたことは、自らAGAであるということを納得する経験となります。

これまで不安な日々を送っていましたが、その原因を突き止めることができて一安心でした。

これで髪は後退しているが一歩前進することができたように感じました。

AGAスキンクリニックの無料相談はこちら

■月々3400円~
全額返金保証制度がある。
外来実績33万人。
6カ月の育毛実感率99.4%


AGAに効く薬の成分とは?薬を実際に飲んだ体験談と現れた副作用



AGAだと言うことがわかりさっそく飲み薬による治療と注射による治療を始めました。

AGAの治療として使った飲み薬は、医学的に薄毛回復のエビデンスがあるという以下の薬です。

  • プロペシア(フィナステリドともいう)
  • ミノキシジル

これら2つの薬を毎日飲み始めました。

プロペシアは脱毛ホルモンの影響を抑え抜け毛の予防になり、ミノキシジルは血流の促進により毛の発毛促進へとつながる成分です。

飲み薬①:プロペシアって何?


プロペシアを飲みことで続ける得られるメリットは、抜け毛の量が減っていくことです。

プロペシアの効果としては、男性ホルモンがジヒドロテストステロンと呼ばれる抜け毛ホルモンに返還されるの防ぐような役割があります。

結果として、毛根がジヒドロテストステロンの影響を受けず、髪の毛の成長サイクルを正常に戻してくことで薄毛の改善に役立つというものです。

また、副作用としてごくまれに勃起不全になることもあるんだとか。

もし使用を考えており、副作用が気になるようでしたらにお医者さんに聞いてみると良いですよ。

よしろー
よしろー

ちなみに、私の場合はプロペシアの副作用をあまり感じませんでした。


飲み薬②:ミノキシジルって何?

もう一つの飲み薬はミノキシジルと呼ばれるもので、発毛の促進を目的とします。

ミノキシジルの毛細血管に流れる血流を促進することで、弱くなった毛根から太い毛を生やす効果を期待することができます。

ただし、飲み続けることで人によっては体毛の増加が出る場合があるようです。

よしろー
よしろー

ちなみに私の場合は体毛が濃くなっていくのを実感しています。

例えば、

  • 腕毛が濃いくなっていく。
  • 髭が前よりも濃ゆくなっていく。
  • まつ毛が長いと言われるようになる。

以上のような症状を経験しました。


以上のように両者メリットと副作用の可能性を秘めているAGAの飲み薬でしたが、薄毛に悩まされていた私は毎日せっせと飲み続けました。

体毛が濃ゆくなろうがおちんちんが立たなくなろうが関係ありません。

20代の私にとって薄毛はそれどころの話ではなかったのです。

薬飲んだからって効果がすぐ出るとは限らない!?初期脱毛について


いよいよAGAの治療が始まりました。

1日も早く治ってくれという思いで、毎日せっせと薬を飲み続ける生活をはじめます。

しかし予想と反して、簡単に薄毛が治ることはありませんでした。

それどころか薬を飲み始めて1,2か月は今まで以上に抜け毛が目立つようになってしまったのです。

これは、後から知ったのですがこれは初期脱毛という現象だそうで、薬の飲み始めたはじめのころに髪の毛が抜け落ちるという現象が起きることがあるのだとか。

もちろん個人差はあります。

事実として、抜け毛が増えるのは悲しいですが悲観することはありません。

というのも弱い毛が抜け落ちてから初めて太い毛に生え変わる毛根のサイクルが生まれてくるからです。

なのでこの初期脱毛という現象必ずしも悪いものではないのですが、初めて薬を飲んでいる自分にとって少し不安な経験でした。

どうかこのブログを読んで薬を飲み始めるという方。初期脱毛にご心配なく。その後髪の毛は生えてきます。


AGA治療を3か月目。ついに結果が見え始めていた。


無事初期脱毛も止まりいよいよ産毛が生えてきました。

それまで抜け毛が多かったのもそれほど気にならなくなっていました。

カウンセリングを受けていた先生からも髪の毛増えたねって言われてうれしかったのを覚えています。

ついにM字ハゲに悩んだあの屈辱の日々に突破口が見え光が差し込んだのでした。

めでたしめでたし。


まとめ


薄毛は治療できます。

本日お伝えした薄毛の治療の経験から、若い人は早期の治療をおすすめします。

特に進行がまだ進み切っていない状態なので完治までが早いという事が理由として挙げられます。

一度無料のカウンセリングを受けて、AGAなのかそうでないのかだけで判断してもらうことをおすすめいたします。

AGAスキンクリニックの無料相談はこちら

■月々3400円~
全額返金保証制度がある。
外来実績33万人。
6カ月の育毛実感率99.4%


以上ここまでが、AGAと向き合うまでの物語でした。最後まで読んでくださりありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました