もし若はげになったら本当に相談できる相手6選を紹介【体験談】

若はげ
スポンサーリンク
よしろー
よしろー

こんにちはよしろーです。

父親は生粋の薄毛遺伝子をもっており、正直なところ私も例外ではありません。

20歳半ば薄毛で悩んでいました一年間のAGA治療で髪の毛が戻ってきました。

1年前の髪の毛

1年後の髪の毛


こうした治療も時間がかかりすぐに治るわけではありません。

やはり不安がある中で、救ってくれるのは自分の悩みを打ち解けられる存在です。

僕は薄毛に関して周りに話して救われたという経験を何度もしています。


こうした経験から誰に相談しようと悩んでいる方であっても、相談相手に困らないためのアイデアをお届けします。

お悩み太郎
お悩み太郎
  • m字はげを気にしてるけど誰にも相談できない。
  • m字はげを人に言っていいのか悩んでる。
  • 下手に相談して変な空気になったらどうしよう
  • 誰に相談したら良いかわからない。

と疑問を抱えているうす毛になった同志の悩みを解決する記事を用意しました。


それでは『もし若はげになったら本当に相談できる人』について深堀していきます!

スポンサーリンク

どうしてm字はげについて相談できる相手が必要?


僕は23歳からm字の薄毛に悩まされてきました。今では回復してきておりそこまできにしておりません。


若い時にm字はげについて悩んだ経験からやっぱり相談できる相手の存在は大きいなと感じました。


どうしてそうした存在が大きいかというとはげはすぐ治ることは悲しいかなないからです。

どのくらいの期間かというとちょっと変わったなと思うまで3ヵ月。よしこれはしっかり生えてきてんなと思うまで半年。


見た目よくなったなと思えるまでに1年はかかると思ってください。


進行が深いところまでいっている人はそれ以上です。


この期間はAGAで薬や注射治療をした場合ですが、ある程度継続が必要ということになるんです。


正直はげに関して相談できる人がいないとつらいと思います。


継続した治療薬をする上でメンタル面は非常に大切になります。


時には

  • この方法であってるのだろうか。
  • もう遺伝だから治らないんだ。
  • 人からどう見られてるか不安。


というようなネガティブな発想になることもあると思います。


そうした時に包み隠さず相談できる相手というのは非常に大きな存在になります。


薄毛ある自分を包み隠さず話せるという存在がいるのといないのとでは大きく異なります。


という事で次の章からもしm字ハゲになったら誰に相談すのか。


さらに具体的に深堀をしていきます。

m字はげに気づいてしまったら。相談するべき人


まず結論からお話しします。


あなたがm字はげに気づいてたら相談するべき人は。

  • 親族や家族。
  • 同じ悩みがあると思われる友人。
  • ツイッター上で見つけた同志。
  • 頼れる先輩。
  • AGAクリニックの先生。
  • よしろー(@yoshiro_program )


もし自分だったら頼れる存在はこのあたりです。


遠いかかなり近い存在でないと相談することは厳しいのかなと僕は思います。


例えば

同じ悩みを抱えていない近い存在に公表するのはすごく勇気がいりますし、逆に相手にも重く受け取られてしまう。


もしくはばかにされるのが怖いと思ってしまいます。

特にまだ薄毛である自分に対しての耐性ができていない状況。


今回ご紹介する人にまず薄毛である自分をわかってもらうという事が心を軽くしてくれると思います。


それではどうして、冒頭の人を挙げたのかさらに深堀をしていきます。


親族や家族に相談をするべき理由


どのような家族や親族であるかにももちろんあると思いますが、


相談するメリットは2つあります。

  • 自分のことを肯定的に受け止めてくれる。
  • 同じすでに薄毛に悩まされている。



以上の2点が相談するべき理由だと思います。

まず一般論ですが、親であれば周りの友人よりも自分のことを肯定的に受け止めてくれる可能性が高いということ。


仮に薄毛である自分をさらけ出しても、受け止めてくれるような存在だと思います。


それから同じ悩みを共有している可能性が高いということもあげられます。


それこそうちの父親は同じように薄毛で悩まされていました。


薄毛に対しての笑い話やそこまで気にする必要はないといった言葉をかけてくれました。


これらの経験からまだ薄毛に対して、誰かに話そうかな。どうしようかな。


と迷っている人がいたら家族に相談してみるというのも一つ選択肢だと思います。


同じ悩みがあると思われる友人。


同じ悩みを持っているという事は相談する上で大切です。


その人も薄毛で悩んだことがあるので、自分の今の気持ちに心から共感をしてくれます。


先ほどお伝えした家族と比べると近すぎないという事が、逆に話しやすいという場合もあると思います。


もし親がすごい心配性である場合は、自分のことで心配をかけたくないと思いますし、逆に気を使ってしまいます。


その点、たまに会う程度の近しい友人であれば、フランクな感じで悩みを打ち明けるというようなこともよりできるんではないでしょうか。


という事で家族じゃちょっと存在が近すぎると思った場合は、同じ悩みを共有してそうな近しい友人に話してみるというのもいいと思います。


ツイッターで見つけた同志


ツイッターで見つけた同志に話す


これもいいかもしれません。友達よりもさらに匿名で遠い存在なので話がしやすい。



ツイッター上で同じような悩みを抱えている人とつながり、つぶやけるくらいになると言いたいこと言えるのでかなり楽になります。


少し上の2つよりも難易度が高いように見えますが、薄毛に対して共感できる人に自分の悩みを届けるいいねが来たりします。


これが一つの自信であったり、勇気につながるので、SNS上で発信できるようになると気持ちが楽になります。


頼れる先輩


頼れる先輩に相談してみるというのも良いです。


周りには一人か二人くらいは話を聞くのが上手くて、真剣に相談を聴いてくれるような先輩がいるのではないでしょうか。


そういった先輩にそれほど重たくなく打ち明けてみる。


というのもおすすめです。


薄毛でない人に相談するメリットはもしかしたら自分が気にしすぎているだけ。という事実を知れるからです。


そのことがわかるだけでも気持ちが軽くなると思いますので先輩への相談もしてみるといいですよ。


AGAクリニックの先生


ここまでは割と気持ちベースのお話しをしてきました。


でもやっぱり薄毛のままで、さらに悪化していくと考えるとかなり不安だと思います。


そういうときに利用できるのがAGAクリニックの先生です。


薬で治療などで月一回はかならず話を聞いてくれるという事が約束されているところも多く。薄毛に対する具体的なお話しができます。


悩みも聞いてくれますし、これからどのように回復していくのかというお話しも聞くことができますよ。


漠然とした不安を抱えたままの状況をだかいするためには治療という方法を取ってみるのもありだと思います。


最近だと無料のカウンセリングも存在していますのでこちらを活用するのもありですよ。

よしろー
よしろー

無料であるにも関わらず、自分の不安や悩みを丁寧にカウンセリングの人は聞いてくれました。


よしろー


もしどうしても相談する場所がないよって方は私に話してください。


DMで連絡いただけたらお話しをお聞きいたします。


ホント聞くことぐらいしかできませんが、薄毛の人はどうしだと思っています。


相談にのることは可能です。


まとめ 



という事で今回はもし薄毛になったら誰に相談するべきなのかという話題について深堀してきました。


薄毛になって打ち解けあれない状況が一番の精神的負担になると思います。


私の答えは 改善に向かわせつつ誰かに相談するというのが最適解だと思われます。



ということで本日はここまで、

このブログでは新社会人や大学生に向けて
これからの健康や、ライフスタイル、仕事などについて毎日ブログを発信しています。

よかったらまたふらっと訪れてみてくださいね!


最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました