m字はげが遺伝でもあきらめる必要がない3つの理由【実体験】

若はげ
スポンサーリンク
お悩み太郎
お悩み太郎
  • 祖父、父ともに薄毛で薄毛遺伝子を自覚してる。
  • 遺伝だから治療しても仕方がないと思ってる。
  • どうして遺伝による薄毛が発生するか知りたい。

以上のような人に参考となる記事を用意しました。

『 本日の内容 』

  1. 薄毛が遺伝でもあきらめる必要がない3つの理由とは?
  2. 遺伝に負けず薄毛を持続させるために知っておきたいこと。
  3. 改善するためには自分を知る小さな一歩が重要。


という事で今回は薄毛が遺伝でもあきらめないで良いという話題で深堀をしていきます。

スポンサーリンク

m字はげが遺伝であってもあきらめる必要のない3つの理由。



まずm字はげが遺伝であってもあきらめる必要がない理由は以下の通り。

  1. 遺伝による薄毛でも原因が解明されている。
  2. 遺伝による薄毛でも治療方法が確立されている。
  3. 遺伝による薄毛でも相談できるクリニック充実と低価格化している。


これら3つが薄毛がかりに遺伝であったとしてもあきらめる必要がない理由です。


まずあなたがもし薄毛を遺伝によるものだと感じあきらめているようでしたら、その必要はありません。


ここからそれぞれを深堀をしていきます。

あきらめないでいい理由①:原因が解明されている。


m字はげが遺伝によるものだっとしても薄毛の原因が解明されつつあるからです。

具体的には

男性ホルモンによる薄毛の要因がジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが変換されてできることが明らかになってきたこと。(参考:男性型脱毛ーその特徴と未来像


遺伝だから防げないと思っていた遺伝ですがその要因が解剖されつつある中で適切な治療方法もわかってきました。


男性ホルモンが変換されてできるジヒドロテストステロンが髪の毛の成長を阻害していることが分かってきました。


このような事態に対処すべく

  • ジヒドロテストステロン発生を抑える。
  • 弱った毛母細胞への血液循環を促進し回復させる。



次の章でお伝えしていきます。

あきらめないでいい理由②:治療法が確立されている。


現在治療法が確立されつつあります。

①フィナステリドと呼ばれるジヒドロテストステロンの発生を抑える薬が有効だという事が分かってきた。(参考: フィナステリドによる内服治療を実施した男性型脱毛症患者の病型分類と内服薬の有用性 )

②ミノキシジルと呼ばれる毛母細胞への血液循環を促す薬が有効だという事が分かってきた(参考: ミノキシジルの発毛作用について


以上のように現在発生原因を抑制し毛根への血液循環を促すというアプローチによる治療法が確立されてきています。


これらの方法は髪の毛の成長サイクルを正常なものに戻すために有効とされる検証がされています。


ジヒドロテストステロンの影響で毛母細胞が弱り十分に成長せず、抜け落ちる状態になったサイクルを正常に戻していきます。


あきらめないでいい理由③:クリニックの充実と低価格化


あきらめる必要がない3つ目の理由としてクリニックの充実と価格競争による低価格化が上げられます。


消費者のわれわれからしたらこれはうれしい社会の動きです。


最近だと抜け毛の進行を止める予防のみであれば比較的安価で開始できます。
(※ちなみにAGAスキンケアクリニックだと月額3400円~。)


クリニックが乱立している場合にどれを選んでいいかわからないといった人もいると思います。


参考となる基準を紹介しておきます。


私がクリニックを選ぶとき重要視したのは以下のポイント

  1. 保証がしっかりしているか。
  2. 価格が治療に見合っているか。
  3. 実績数が多く信頼ができるか。
  4. 通いやすいところに店舗があるか。


以上4つのポイントがクリニックを選ぶときに重要視すべきポイントかと思います。


個人的にはAGAスキンケアクリニックが今のところ妥当かなと思っております。


他にも良いクリニックはあると思うので参考にしてみてください。


無料でカウンセリングを受けたりサービスについて知りたいという方はこちらから。

タスク


体験談:薄毛の改善には自分を知るための小さな一歩が必要だった話。



正直、若くして薄毛に悩まされることはとても絶望でした。

  • この年齢でこれだけ薄くなってたらこの先どうなんだ…
  • 活動的で活発な時期なのに人前に出るのがつらい…
  • 子どもとかにもハゲで心配をかそうでつらい。

正直一年前まではとても不安な毎日をすごしていました。


その時の詳しいサイドストーリーはこちら


向き合いたくない現実であった僕が薄毛と向き合えたのはクリニックに相談できたらからです。


正直いっぽ行動するのは大変なことでした。

  • いきなり高額な商品を売りつけられたらどうしよう…
  • 薄毛のクリニックに行くなんて恥ずかしい。
  • 薄毛について直視したくない。
  • 悩んでいることを誰かに知られたくない。


不安な気持ちでいっぱいです。


でも向き合って一歩踏み出せたからこそ、今薄毛に気にすることなく生活できている自分がいます。


あの時向き合う決心がついてよかったと心から思えています。


もしこれを読んでいるあなたが過去の自分のように『薄毛は遺伝だからあきらめよう』と考えているなら、継続した治療が希望につながることを知って前向きな人生をおくるための参考にしてもらえれば何よりうれしいです。


まとめ


本日は『m字はげが遺伝でもあきらめる必要がない3つの理由【実体験】』についてご紹介していきました。


少しでも不安や悩みを解決するコンテンツとなっていたらうれしいです。


もし悩んでいるようでしたらなんでもいいと思いますので、無料の相談に一歩踏み出してみてください。

よしろー
よしろー

薄毛に縛られない人生をおくるための小さな一歩を!


ということで本日はここまで、

このブログでは新社会人や大学生に向けて
これからの健康や、ライフスタイル、仕事などについて毎日ブログを発信しています。

よかったらまたふらっと訪れてみてくださいね!


最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました