m字部分の若はげに育毛剤のみで解決にならないそもそもの理由。

若はげ
スポンサーリンク

※この記事では、もしm字部分の若はげに悩み育毛剤に手を出そうとしているなら、知っておくべき2つのことについて深堀していきます。(所要時間:5分)

まだ若いんだけど、最近m字部分の薄毛が気になってきたな。

まだ病院に行くほどでもないと思うし、育毛剤で丁度いい物はあるのだろうか。

効かないやつもあるみたいだら信頼できる情報が欲しいな。

よしろー
よしろー

こんにちはよしろーです。20代で薄毛に悩まされAGA治療の末に復活をしました。


育毛剤を考えているとのことでしたが、実はAGAに直接効くと認められた成分は限られています。

育毛剤の種類は無数にあるのに、効果が実証されている成分は3種類です。

本日はそうした育毛剤のワナに引っ掛かってしまわないよう。なぜ育毛剤だけでは思うように実感が得られないかについて深堀していきたいと思います。




回復した今だからこそ育毛剤に足を踏み入れなくてよかったと個人的には思います。



どうして僕が育毛剤に足を踏み入れなかったのかというと、懐疑的だったからです。

それにも理由があって、うちの父親はめちゃくちゃいろんな育毛剤をためしていましたが結局なにも変わってなかったからです。


当時手にしている高そうな育毛剤をなんのために頭に塗っているかわかりませんでした。


トラウマレベルにそのことが脳裏に刻み込まれていました。

育毛剤だけではどうして薄毛の治療が進まないのか。本日はその理由について見ていきます。

スポンサーリンク

なぜ、あなたの薄毛は育毛剤だけでは薄毛が治らないのか?



育毛剤で薄毛が治らない理由はホルモンが薄毛に影響しているから。


育毛剤で頭皮環境などの外部環境をよくすることは回復の手助けにはなりますが治療にはならなりません。


特にAGAの場合は、頭皮環境の問題ではない状態のことを示します。

AGAとは?

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。

成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。

一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。 
抜け毛が進行し、うす毛が目立つようになります。

引用) http://www.aga-news.jp/secure/about_aga/index.xhtml


つまりまずはAGAの原因となる男性ホルモンを抑えなければ、どんなに頭皮環境がととなったとしても薄毛になります。

こうしたことに気が付かないと、AGAに対しての根本的な解決にはなりません。

では、続いてどのような成分がこのAGAに対して効果があるのか。近年の研究で明らかになっていることがありますので共有いたします。

薄毛になったら抑えておくべき2つの成分について。


薄毛になったら知っておいてほしい2つの成分があります。

  1. ミノキシジル
    ⇒弱った毛根に血液を送りこむことで発毛を促進させる。
  2. フィンペシア(別名:プロペシア)
    ⇒悪玉男性ホルモンの発生を抑えることで抜け毛防止に。

    ※最近だとザガーロというさらに多くの悪玉男性ホルモンを防御できる薬も登場しています。

以上の2つは抑えておきたいです。というのも2つが毛の効果が実証されている成分だからです。

これらの成分を含まず、頭皮環境を整えるしている育毛剤は多数存在します。

そうした育毛剤で待ちがった選択をされないよう、抑えておくべき成分です。

薄毛に効果があるとされているものを使用することが薄毛の改善に効果的です。

最近だとリアップなどにこのミノキシジル成分は使われているようですね。

CMで見るなんて方もいるのではないでしょうか。やっとこうした実証のある成分が買えるようになってきました。

一般的な育毛剤よりもミノキシジルが入っているので発毛効果はあると思います。

まずは育毛剤より、内服薬を考えるべき理由。


薄毛を止める場合にまず着手しなければならないのは、内側からくる薄毛の原因をブロックしてあげることです。

具体的に言うと、悪玉男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)の影響はまずは止めてあげるという事が頭皮環境を整える以上に大切になってきます。


どんなに表面の環境が整えられたとしても、髪を育てる細胞が弱ってしまっていては意味がありませんよね。

なのでまず、AGAを止めたいのであれば内服薬のフィンペシア(別名プロペシア)ザガーロといった内服薬の活用をオススメします。

進行を抑えるだけなら専門の期間で安く薬自体は手に入りますので安心してください。

薄毛の進行を止めるだけでなくもっと治したい。という場合は同時並行で、

  • 頭皮環境を整えるだったり。
  • ミノキシジル入った育毛剤を使う。
  • ミノキシジルの内服薬を使う。

    などの対策を取ることさらに発毛を実感できます。


効果のある内服薬はどこで手に入れることができるの?


内服薬を手に入れるためにはAGAのクリニックに受診をする必要があります。


副作用があるため薬局などでおいてないのが少し厄介です。


無料のカウンセリングを受けてそれから継続した薬治療に入るという形になります。


価格帯は薬にもよりますが、5000円 ~ 15000円一か月あたりの料金相場です。


AGAスキンクリニックの無料相談はこちら

■月々3400円~
全額返金保証制度がある。
外来実績33万人。
6カ月の育毛実感率99.4%




治療を始める前に知っておきたい薬の副作用について


たしかな効果があるという事はその分心配となる副作用ではないかと思います。

なので発毛効果を実感する前に、副作用にも知っておくと安心。

フィンペシア

⇒1%以下の確率で性欲の減少や勃起不全などの症状が出る。

ミノキシジル

⇒毛細血管への血流を促進させるため体毛が濃ゆくなる。


特に自分が2つの薬を摂取しているとき、副作用を感じたのはミノキシジルの方です。

治療を始める前よりも体毛が濃くなっていきました。

腕や髭、まつ毛などの体毛が濃くなったのを実感しています。

ちなみに、フィンペシアの方は副作用を感じませんでした。

風邪薬でも3%の副作用という事らしくこちらは確率が低いようです。

もし内服薬を使用するということであれば以上の2つは注意をしておく必要がありますね。

まとめ

『本日の内容』

Q.m字部分の若はげに育毛剤のみで解決にならないそもそもの理由とは?

AGAの場合は頭皮環境が原因ではない。

Q.育毛剤を考える前に知っておきたい効果のある成分とは?

効果の実証があるのは、ミノキシジルとフィナステリドのみ。

※最近ザガーロが加わりました。

Q.ミノキシジルとフィナステリドが処方してもらえるのは?

AGAの専門クリニックで処方がうけられる。

AGAスキンクリニックの無料相談はこちら

■月々3400円~
全額返金保証制度がある。
外来実績33万人。
6カ月の育毛実感率99.4%


本日は育毛剤を考えるときに知っておいてほしいことについてお話しをしました。


イメージからすると育毛剤。


そういった印象を巧みに使って騙そうとする業者もありますが騙される前にまず発毛効果が実証されている成分について知っておいてください。


最近だと薄毛がちゃんと治療する対象となってますのでお医者さんに行ってみると安心です。


1人で悩まずまずは無料で受けれるカウンセリング等に受診して今の状況を把握するという事が改善への近道になると思います。


本日の記事が僕と同じ若い薄毛に悩む人の参考となればうれしいです。


ということで本日はここまで、

このブログでは新社会人や大学生に向けて
これからの健康や、ライフスタイル、仕事などについて毎日ブログを発信しています。

よかったらまたふらっと訪れてみてくださいね!


最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました