m字はげの基準はどこから?3つの基準と体験談(※本人画像あり)

若はげ
スポンサーリンク

※この記事では、m字はげについて自分でも簡単にチェックするための基準と実践した治療方法につ深堀します。また治療を受けた本人が執筆しています。(所要時間:5分)

よしろー
よしろー

こんにちはよしろーです。

20代半ばにも関わらずm字ハゲに悩まされてきました。

ただいまでは目立たないほどにまで一年をかけて回復を遂げています。

【治療前の状態】

【5カ月後】


AGA治療を行い結果としては、m字ハゲは改善してきました。

ですが、いつから薄毛になっているのか。明確な基準があれば治療に素早く取りかかれていたのかもしれないと振り返ると思います。

なので、本日はあやしいと思ったら知っておいて欲しいm字ハゲの基準について見ていきます。

ちなみに自分で発見するのが面倒。あるいは専門の先生に診てもらいたい。

という事でしたらこちらもおすすめです。


■月々3400円~
全額返金保証制度がある。
外来実績33万人。
6カ月の育毛実感率99.4%


<strong>お悩み太郎</strong>
お悩み太郎
  • m字はげが薄毛によるものなのか知りたい。
  • m字はげを自分で見分けるためのポイントを知りたい。
  • 薄毛がどのくらい進行しているのか知りたい。


本日は前半でm字ハゲを見分けるための基準を紹介。

後半ではハゲの可能性が高いという場合に取るべき行動についても深堀していきます。


もし自分でどうなのか悩んでいるという人には早めに状態を理解し

スポンサーリンク

m字はげの基準と知っておきたい4つのポイント


まずm字ハゲを見分けるための4つの基準をお伝えします。


基準は以下の通り。

m字ハゲは生え際の中央部から並行に線を引きどのくらいに剃りこみが入っているかにより決まります。


またm字の部分にも注目してみることでどの段階まできているのかが確認可能です。

  1. m字はげ初期段階(比較的早期に治りやすい)

    ・剃りこみのがまだ浅い。
    ・m字の部分にまだ産毛がある状態。

  2. m字はげ中期段階(やや時間はかかるが完治可能)

    ・剃りこみが初期よりも進行。
    ・m字部分の産毛が肉眼で確認できない。

  3. m字はげ末期段階(薬だけの完治は難しい。)

    ・m字の部分に指が入る。
    ・産毛が生えてない面積が増える。
    ・m字部分がつながりかけている。



以上がm字はげを見分けるポイントです。


初期の段階だとまだm字部分の剃りこみも少なく近づいてみると肉眼で産毛を確認できます。


これが中期段階になると産毛すら見えなくなる状況へ。かなり毛根が弱ってきています。


こうした部分が最終段階に近づくにつれて広がりを見せます。


AGAは安心をしていると、どんどん進行してしまうので厄介な点です。


どうして進行していく特徴をもっているのでしょうか。


m字が進行してしまうのかは次章深堀いたします。

m字はげが進行してしまう理由AGAとはいったいなにか?


m字はげが進行してしまう理由は、AGAにあります。


AGAとは男性型脱毛症のこと。悪玉男性ホルモンの働きにより、髪の毛の成長サイクルが阻害されることで発症します。


成長のサイクルが徐々に短くなることで、薄毛が進行していきます。


具体的な髪の成長は以下の通り。

正常なヘアサイクル
  1. 成長が始まる(早期)
  2. 毛球が太く成長する(成長期:2~6年)
  3. 毛球の退縮が始まる(後期)
  4. 完全に退化する(退行期:2週間)
  5. その場にとどまる続ける(休止期:3~4カ月)
  6. 脱毛


悪玉男性ホルモンの影響を強く受けすぎると、2番の成長期を迎えることなく髪の毛が抜け落ちてしまいます。


これがAGAという現象です。 進行していくということで心配するかもしれませんが、実は原因が明確になっており治療方法も確立しています。

ここからは、どのようにしてAGAの進行を止めていくのか深堀していきます。

どのようにしてAGAを食い止める方法があるか?



では、どのようにAGAによって弱った髪の毛を再生させていくのか


食い止めるための本質的な話を深堀していきます。

いきなり結論ですが、AGAを食い止める方法は以下の通り。

  • 髪の成長を妨害する悪玉男性ホルモンを抑制。
  • 弱った毛細血管を復活させる。


以上の2つがAGAを食い止めるための手段です。

食い止めるための方法①:髪の成長を妨害する悪玉男性ホルモンを抑制。


まず一番大切なのは薄毛が進行しているのを食い止めること。


そのために必要な考え方が、悪玉男性ホルモンを抑制するという方法です。


現在ではザガーロとプロペシアが最も有名です。
(※プロペシアはフィンペシアなどと呼ばれることもあります)


髪の正常な成長を妨害する男性ホルモンを抑制することで、抜け毛を少なくすることができます。


ザガーロはプロペシアよりも、広範囲の悪玉男性ホルモン抑制へ効果的。

目的は似ていますが、対応する守備範囲が広くなったものがザガーロと呼ばれる新薬です。

食い止めるための方法②:弱った毛細血管を復活させる。


次の方法が弱った血管を復活させるという方法。


悪玉男性ホルモンで弱った毛細血管に血液を流すことで、髪の成長を促します。

こうした方法で発毛効果を実証しているのは、ミノキシジルという成分。

ミノキシジルは飲み薬と塗り薬があります。

最近ではリアップなどにも含まれており、手軽に買えることから重宝されているようです。

外と内から攻めることができれば、弱った血管も息を吹き返すことができます。


これらの方法で治療することができます。


段階別の治療方法を見ていくとしたの様になりますよ。

初期段階の治療方法。

⇒飲み薬によって進行を防ぐ。

中期段階の治療方法

⇒飲み薬によって進行を防ぎつつ必要であれば注射治療。

重度段階の治療方法

⇒飲み薬によって進行を防ぎ注射治療。さらに治す場合は植毛も検討。

<strong>よしろー</strong>
よしろー

今思うと僕は限りなく重度に近い状況でした。早い段階で気づくことでコストと治療期間が少なくすみます。

必用であれば、AGAである状態かどうかをカウンセリングにて知るというのも一の手です。


AGAスキンクリニックの無料相談はこちら

■月々3400円~
全額返金保証制度がある。
外来実績33万人。
6カ月の育毛実感率99.4%


まとめ


今回はm字はげの基準はどこから?知っておきたい3つの基準について深堀をいたしました。


まだ薄毛が進行していないという人は、最低限これ以上進まないようにしておくまずは重要です。


将来的に治療するのであればかかる費用負担を未然に防ぐことができます。


ちなみに私の場合はAGAの疑いがある時点で、お医者さんで見てもらうだけでも安心でした。


1人で悩んでいて、辛いという場合は無料なので利用してみるとプラスになると思います。


また、さらに薄毛に対する体験談や情報を得たいという場合であれば、こちらの記事も確認してみてください。


ということで本日はここまで、

このブログでは新社会人や大学生に向けて
これからの健康や、ライフスタイル、仕事などについて毎日ブログを発信しています。

よかったらまたふらっと訪れてみてくださいね!


最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました