何で若はげに?原因を知るためにまず疑ってみるべき4つの要因

若はげ
スポンサーリンク
よしろー
よしろー

こんにちはよしろーです。

父親は生粋の薄毛遺伝子をもっており、正直なところ私も例外ではありません。

20歳半ば薄毛で悩んでいました一年間のAGA治療で髪の毛が戻ってきました。


1年前の髪の毛

1年後の髪の毛


こうしたわかハゲ克服の実体験を踏まえどうしてそうなったのかについてお伝えできればと思います。


『こんな人にオススメ』

最近抜け毛が多くなってきた。若いのに薄くなってきつつあるな。 なんで抜け毛が増えているんだろう。考えられる原因について知っておきたい。それとどのように対処すべきか自分でも試すことのできる改善方法知っておきたい。


この記事を読むと
  1. 若はげになる要因について知るきっかけになる。
  2. どのような対処をしていくべきか参考になる。
  3. 抜け毛のメカニズムについて知れる。


スポンサーリンク

何で若はげに?原因を知るためにまず疑ってみるべき要因4選


では早速結論から。疑ってみるべき要因は以下の通りです。

  1. 生活習慣の乱れ。
  2. 食生活の乱れ。
  3. 遺伝の影響。
  4. 頭皮環境の悪化。

若はげの要因①:生活習慣

  • ストレスの増加。
  • 運動不足
  • 睡眠不足

⇒ホルモンバランスの乱れ・血行不順・成長ホルモンの減少

よしろー
よしろー

上記のような生活習慣乱れが実は若はげの原因になっているなんてことも具体的にどう影響しているのか見ていきます。

生活習慣の乱れ①:ストレスの増加。



生活習慣の悪化の要因となっているのがストレスの増加。



ストレス増加によりホルモンバランスのみだれ。髪に使われるはずの亜鉛が消費されるという影響がかあります。


こうした影響が髪のヘアサイクルの乱れにつながってくることが考えられます。


私の場合も髪の毛が薄くなり始めたのは就職して仕事にそろそろ慣れてくるかなというところでした。


抜け毛の増加を感じたら疑ってみるべき要因の一つです。


生活習慣の乱れ②:運動不足

2つ目の要因が運動不足。


最近汗をかかなくなったと感じることはありませんか?実はそうした運動不足が若はげにつながっているかも。


具体的には血行の悪化とジヒドロテストステロンが上手く排出できないなどの要因があります。


ジヒドロテストステロンとは男性ホルモンと5αリアクターゼが結合してできる抜け毛へ影響するホルモンのこと。


運動によって排出することができるので適度に汗を流すのは大切です。

生活習慣の乱れ③:睡眠不足


3つ目の乱れは睡眠不足。睡眠が不足することで髪の毛の成長に悪影響を与えます。


具体的には成長ホルモンの分泌が減少や頭皮環境の悪化につながります。


しっかりと睡眠を取ることも若はげを防止するのに有効です。

よしろー
よしろー

生活習慣の乱れは自分でも改善できる部分なので抜け毛を感じたらまず改善してみるべき要因ですよ。


若はげの要因②:食生活

  • 髪の成長に必要な栄養素の不足。
  • 5αリダクターゼを抑制する栄養素の不足
よしろー
よしろー

続いては髪の毛の元となる栄養素について。

食生活①:髪の成長に必要な栄養素について。


髪の毛の成長に必要な栄養を3に絞ってみました。以下の通り。

髪の成長に必要な栄養
  1. たんぱく質
  2. ビタミン
  3. 亜鉛


これらはどれも髪の成長には欠かすことのできない栄養素です。

どのような働きをするのか見ていきます。

髪の成長に欠かせない栄養素①:たんぱく質


まず欠かせないのがたんぱく質。


髪の毛の約8割がケラチンと呼ばれるタンパク質によって作られているといわれています。


タンパク質は髪の毛の成長にとって欠かせない栄養素。


ついつい不足しがちなタンパク質ですがしっかりと摂取をする必要があります。特に過剰なダイエットをしている人は要注意ですよ。

髪の成長に欠かせない栄養素②:ビタミン


続いて髪に必要なのがビタミン。


血行の改善や細胞の新陳代謝、抗酸化作用などの働きがあります。


ヘアサイクルを整えたり必要な栄養素の分配に重要となるたんぱく質も取っておきたい栄養素です。

おすすめ食材

ナッツ・・・ナッツはビタミンEを豊富に含みます。

豚肉・・・ビタミンBとタンパク質を豊富に含んだ豚肉。髪の毛を健康い保つのに適している食材です。

フルーツ・・・特にミカンやレモン、グレープフルーツなどの柑橘類は血行の促進と過剰の皮脂を抑え頭皮環境を正常にします。



髪の成長に欠かせない栄養素③:亜鉛


3つ目は亜鉛。亜鉛は髪の毛の主成分ケラチンをタンパク質~合成する役目があります。



髪の毛の成長には欠かせない栄養素です。またストレスやアルコールの分解にも使われるため不足しがちな栄養素。


髪のためにも積極的な摂取が必要です。

おすすめ食材

牡蠣・・・亜鉛を豊富に含んだ牡蠣は髪を健康に保つために適した食材です。また亜鉛だけでなくビタミンやミネラルなども豊富に含んでいます。

レバー・・・レバーはタンパク質や亜鉛、ビタミンBとAなどを含んでいます。こちらも髪の毛の健康を考えると摂取しておきたい食材。


食生活②:5αリダクターゼを抑制する栄養素の不足。

5αリダクターゼを抑制する栄養素
  1. イソフラボン
  2. 亜鉛
  3. ノコギリヤシ


5αリダクターゼを抑制する栄養素①:イソフラボン


5αリダクターゼを抑制する栄養素と言われている一つ目の栄養素がイソフラボン。


大豆製品に多く含まれており手軽に摂取しやすいのもうれしいポイント。


抜け毛が気になったら試してみる価値ありです。


5αリダクターゼを抑制する栄養素②:亜鉛


2つ目は亜鉛。こちらも5αリダクターゼを抑制すると言われています。


髪の成長と妨害要因の抑制ということでマルチに活躍する亜鉛の摂取は髪に欠かせない成分です。

5αリダクターゼを抑制する栄養素③:ノコギリヤシ


3つ目がノコギリヤシ。


あまり聞きなれない栄養素ですがこちらも5αリダクターゼを抑制することができると言われています。


サプリメントが販売されておりそれを使って補給するのが一般的です。

若はげの要因③:遺伝

  • 5αリダクターゼを分泌してしまう。
  • ジヒドロテストステロンが髪に影響しやすい。
よしろー
よしろー

薄毛にはこのような遺伝的要因もあります。

自身の努力でどうにもならないのがこの遺伝的要因です。ですがあきらめる必要はありません。

こちらの記事を参考にしてみてください。

若はげの要因④:頭皮環境


4つ目の要因が頭皮環境の悪化による要因。


髪の毛の育つ頭皮の環境が整っていないことで薄毛へと影響していることが考えられます。


脂物を食べ過ぎていたり生活習慣の乱れなどで引き起こしている原因が考えられます。


詳しくはこちらの記事も参考にしてみてください。


あとがき

よしろー
よしろー

本日は何で若はげに?原因を知るためにまず疑ってみるべき4つの要因ということで深堀してみました。


正直なところ遺伝的な要因もありますが自分でできることも多そうです。


若いのであればなおさら自分のライフスタイルを考え直してみるというのが良いかもです。


それからもし育毛の成果を求めるようでしたらAGAクリニックで相談してみるのも一つ手だと思います。





ちなみに私の場合は薄毛の進行がひどく無料でしたので相談をしてみました。


AGA治療の結果についてはこちらの記事。


ということで本日はここまで、

このブログでは新社会人や大学生に向けて
これからの健康や、ライフスタイル、仕事などについて毎日ブログを発信しています。

よかったらまたふらっと訪れてみてくださいね!


最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました