新卒になる前に知っておいて。職場で敵を増やしやすい3つの場面。

雑記
スポンサーリンク

こんにちはよしろーです。
突然ですが新卒の皆さん悲しいお知らせです。

これから、始まろうとしている素敵な社会人生活に水をさすような発言かもしれませんが


新入社員は社内で敵を作りやすいです。

理由としては

  • 地位を脅かす存在であり危険性がある。
  • 年下に舐められることが何よりプライドが傷つく。
  • 若い時に今よりも過酷な環境でそだった。


このような理由から一歩間違えば社内に敵を作りやす状況

本日は知らないうちに敵を作って手遅れになる前に知っておいてほしい3つの方法について深堀します。5分だけお付き合いください。

スポンサーリンク

気づかないうちに敵を作ってしまいやすいシーン


敵を作りやすいとはいえ、いつも気を張っているのは精神的にキツすぎると思います。


なのでここはポイントに絞って防衛策をお伝えします。

『職場で敵を作ってしまいやすいシーン』

  • 会社に出勤をする場面
  • 上司から指示を受ける場面
  • エレベーターでの移動場面


かなり多いように思えますが、このポイントをしっかり押さえておくことで、新入社員が敵作りやすい問題から解放されるます。要チェック。

ドヤ先
ドヤ先

おーいそこー! 寝てる場合じゃない。ここテストでるぞー。


はじめが肝心。会社に出勤時に敵を作らない方法。


出社時に気をつけるポイントは挨拶です。当たり前のようで意識していないと、どんどん億劫になり適当に。



そうなってくると無意識のうちに

  • 挨拶をする人を選ぶように。
  • 声が小さくなって相手に聞き取られない。


こういったことが積み重なっていくと、本人は悪気がなくても相手から誤解を受けることもあります。

何事もはじめが肝心です。

守るだけで好印象に。あいさつ3つのポイント


結論からお話しするとあいさつをする際に気をつけるポイントは3つ。

  1. 相手に伝わる声のボリュームで。
  2. 相手の目をしっかり見る。
  3. 柔らかな笑顔を忘れずに。

この3点を抑えておけばまずあいさつで悪い印象は持たれません。
しっかりと相手に伝わるあいさつをこころがけてみてくださいね!

アルパカ太郎
アルパカ太郎

この前ちがう縄張りの草を勝手に食べてえらい目にあったよ。しっかりとあいさつしねえとやっぱまずいよな。


遅刻の傷口を最小限でとどめておくための4ポイント


学生時代は許されていたかもしれないですが、社会人になると遅刻は厳禁。


理由は3つです。

  • 学生時代の遅刻は自分の損害。
  • 社会人の遅刻は会社の損害に。
  • 関係者の仕事を滞らせてしまう。

このような理由で遅刻をしてしまうというのは御法度。

それでも時として遅刻をしてしまうという事があるかもしれません。


そんな時、遅刻の傷口を広げない4つのポイントは

  1. すぐに連絡を入れる。
  2. 到着予定時刻を正確に伝える。
  3. 遅刻の理由を素直に言う。
  4. 小走りで到着する。

すぐに連絡を入れる。

予定時刻に遅れることを知るよりも、早めに伝わっている方が相手の怒りは小さくて済みます。

相手の予定修正もしやすくなるので、遅刻しそうな場合は直ちに連絡することを心がけると被害の広がりを防ぐことができます。

到着予定時刻を正確に伝える。

到着の予定時刻を正確に伝えることも大切です。どのくらい遅れるか相手が知ることで空いた時間を有効活用できるから。

注意するのは言いづらさから過小に伝えてしまうと逆に、予想より待たせてしまい怒らせてしまうので注意してください。

遅刻の理由を素直に言う。

遅刻の理由を素直に言うと相手が安心です。遅れる場合は相手が心配しているかもしれません。

素直に理由を言いましょう。

たとえ寝坊であってもこちらの状況をわかる方が相手からしても安心です。

小走で到着する。

小手先ですが、意外と重要です。正直対して時間に影響はないです。でも小走で登場することで「急いで来たんだな」と思ってもらえます。

そうすることで、まだ傷口を広げずに済みますので意外と重要なポイント。

上司から指示を受けている場面

上司の指示を受けている場面で重要なが聞く力です。

聞く力とは相手の言葉に耳を傾けて、熱心に聞くスキルのこと。聞く力を身に着けることで上司であってもコミュニケーションを円滑に保つことができます。

聞く力を身に着ける3つのコツ

  1. 表情と態度
  2. 相手を見る
  3. あいずち

表情と態度

相手に気持ちよく話をさせるためには、聞き手の表情も重要。特に内容に沿った表情ができていると共感していることが伝わります。

どんなにめんどくさい自慢話が飛んできても白目むいて聞いてたらだめですよ。

相手を見る

返事をするときは顔を見てから。目を見て話しを聞くだけで、てからしても理解しようとしている印象があります。

メモを取ることも大切ですが、そればかりに気を取られることのないよう意識してみて下しさい。

あいずち

聞いていることを印象付けるためにあいずちも有効です。

聞いてますよという無言のメッセー時になります。ただあいずちがオーバーになりなれなれしくなりすぎないよう注意も必要です。

『話を聞く際のにNGな態度』

話の途中で遮る

話の途中で遮ると失礼に感じることがあるので注意が必要。

話の腰を折られたと感じる場合や人の話を聞かないと印象を受けやすいためです。

聞いている途中で疑問点や気になる点が出るのはよくあることですが、いったん話終わるまで待つというのが大切。

相手を見ずに話しを聞く

続いてのNGな態度は相手を見ずに話しを聞くこと。

よそを見て話しを聞くのはちゃんと聞く気がないと受け取られてしまうため印象が悪いです。

話を聞く時はしっかりと体ごと相手の方を向いて聞くようにした方が良いですよ。


会社内のエレベーター移動で修羅場を作らない社会人スキル。


社内のエレベーターで上司やその他の先輩と鉢合わせするなんてことはよくあります。

そうです我々新人取ってはバトル開始です。

新人であればさっと階数を選択するボタンのある入口に移動しましょう。そこはもう風林火山ばりに動きましょう。

「はやきこと風のごとく、静かなること林のごとく、激しく攻め入れる必要はないので火はなしでが、動かざること山のごとく」

まとめ


本日は社内で敵を増やさないための傾向と対策について深堀をしました。ここまでしっかりたどりついた皆様に関しては問題ないと思います。


そういった心がけを忘れず素直な気持ちで人と接することができれば大丈夫。


それでもだめ場合はあせらず落ち着いて110番

110番は冗談ですが、これからたくさん失敗することや怒られることがあると思います。


僕もありました尋常じゃないほどに。

【僕のまぬけさ加減を見たい悪趣味な方はこちら↓】


そんな時一つだけ覚えておいて欲しいのが大切なことが、


ありがとうとごめんなさいを言える人でいるということ。


最初からうまくいく人なんていません。みんな何かしらやらかして生きています。


そうした中で少しづつ成長している。


その間、誰かに助けてもらったり、迷惑をかけてしまうことがあると思います。それ事態は仕方ありません。


ただそんな時、ありがとうとごめんなさいを言えるようにしておくのは重要です。


最後みつお、見たいになってしまいましたごめんなさいね(笑)

ということで本日はここまで、

このブログでは新社会人や大学生に向けて
これからの健康や、ライフスタイル、仕事などについて毎日ブログを発信しています。

よかったらまたふらっと訪れてみてくださいね!


最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました