植毛とAGA治療どっち?m字はげを克服した私が決断したポイント

若はげ
スポンサーリンク

※植毛かAGA治療か今迷っている人が、迷わず判断できるメリットデメリットについて比較と解説します。(所要時間:5分)

【こんな人におすすめ】

植毛とAGA治療どう違うのかわからない。

どちらも良いと聞くけど、メリットデメリットでどんな比較ができるんだろう。営業目的でない治療した人の話を聞いてみたいな。

自分はどっちがあっているんだろうか。

それぞれの治療方法について、詳しく見ていきたいな。

よしろー
よしろー

こんにちはよしろーです。実際にAGA治療を受けてみました。


最初は植毛も考えたのですが、最終的にAGA治療にました。


本日はそうした経験を踏まえ決断は正しかったのか。両者のメリットデメリットなどについて、解説していきたいと思います。


まず前半部分はでは、両者のメリットとデメリットを掘り下げます。


後半では掘り下げた特徴を比較し、私が決断したポイントについてお伝えをしていきます。


比較だけ早急に知りたい場合は、後半から見てもらえるとわかりやすいです。


スポンサーリンク
  1. 植毛とAGA治療の両者のメリットとデメリットを深堀。
    1. 植毛をする場合に参考とするべきポイント
      1. 植毛をすることでのメリット
        1. 植毛のメリット①:自分の理想に近づけることができる。
        2. 植毛のメリット②:継続した治療が必要ない。
        3. 植毛のメリット③:効果を実感しやすい。
      2. 植毛をすることでのデメリット
        1. 植毛のデメリット①:初期の費用負担が大きい。
        2. 植毛のデメリット②: 生活への支障が大きい。
        3. 植毛のデメリット③: 頭皮へのダメージが大きい。
    2. AGA治療をする場合と参考にするべきポイント
      1. AGA治療をすることでのメリット
        1. AGA治療のメリット①: コストを治療によって柔軟に選べる。
        2. AGA治療のメリット②: 生活への影響が少ない。
        3. AGA治療のメリット③: 治療をスタートしやすい
      2. AGA治療をすることでのデメリット
        1. AGA治療のデメリット①:治療を継続しないといけない。
        2. AGA治療のデメリット②:思いどりのの仕上がりになるかわからない。
        3. AGA治療のデメリット③:薬の副作用が出る場合がある。
  2. m字はげの場合植毛とAGA治療どっちが良い?比較をしてみます。
    1. コスト面:AGA治療が優れている理由。
    2. 仕上がりの確実性:植毛治療が優れている理由。
    3. はじめやすさ:AGA治療が優れている理由
    4. ダメージ:AGA治療が優れている理由
    5. 仕事への影響:AGA治療が優れている理由
  3. まとめ

植毛とAGA治療の両者のメリットとデメリットを深堀。

植毛をする場合に参考とするべきポイント


まず掘り下げていくのが植毛。


私の場合は最終的にAGA治療を決断しましたが、植毛の良い部分と残念な部分があります。


ここでは、それぞれのポイントを深堀していこうと思います。

植毛をすることでのメリット

メリット一覧
  1. 自分の理想に近づけることができる。
  2. 継続した治療が必要ない。
  3. 効果を実感しやすい。

以上の点が植毛をする上でのメリットです。内容についてみていきます。

植毛のメリット①:自分の理想に近づけることができる。


メリット1つ目は、理想の自分に近づけることができます。

毛根を直接移植するため、どこに植えるのか、デザインを担当する医師と相談して決定できるからです。

もちろんすべてが定着するわけではありませんが、自分の思った完成系に近づく確率は高いです。


植毛のメリット②:継続した治療が必要ない。


続いてのメリットは、継続した治療が必要ないということ。

治療さえ終えてしまえばそこからは、何か自分でする必要はありません。

治療の跡が治るまでは大変かもしれませんが、特に毎日薬を飲むなどの必要はないので、治療後は手軽です。

植毛のメリット③:効果を実感しやすい。


続いてのメリットが、効果を実感しやすいという点です。

やはり直接毛根を埋め込みますので、効果を実感しやすいです。

生やしたい部分に髪の毛を埋め込めるメリット。

植毛をすることでのデメリット

デメリット一覧
  1. 初期の費用負担が大きい。
  2. 生活への支障が大きい。
  3. 頭皮へのダメージが大きい。

続いてデメリットについても挙げてみました。

いざ治療を始めると大変に感じる部分だと思います。どのようなことなのか、内容を深堀してみます。

植毛のデメリット①:初期の費用負担が大きい。


デメリット1つ目は初期の負担が大きいこと。



最低でも20万以上の料金がかかってきますので、一度に払う費用負担は大きくなります。


その分、継続する負担は少なくて済むかもしれませんが、一度に払う金額としては大きいです。


植毛のデメリット②: 生活への支障が大きい。


続いてのデメリットは、生活への支障が大きいということ。

具体的には

  • 自然な仕上がりになるまでの生活が大変。
  • 治療する日を確保しないといけない。
  • 治療できる場所が限られている。


以上のポイントが少し大変だと感じます。より気軽に始められるのは、AGA治療だと思いました。

植毛のデメリット③: 頭皮へのダメージが大きい。


デメリット3つ目は、頭皮へのダメージ。


後頭部とはいえど、刃を入れ毛根を抜き取るので直接的なダメージがあります。

頭皮への負担を考えるとけして、小さくはありません。

AGA治療をする場合と参考にするべきポイント


続いてみてくのが、AGA治療を行う場合のメリットとデメリットです。

比較的はじめやすいのが、AGA治療の方だと思います。

AGA治療をすることでのメリット


続いてAGA治療をする場合のメリットとデメリットですが、以下の通りです。

メリット一覧
  1. コストを治療によって柔軟に選べる。
  2. 生活への影響が少ない。
  3. 治療をはじめやすい。


以上の3つがAGA治療のメリット。ここから深堀をしていきます。

早くAGA治療の結果が見たいという人には、こちらの記事がおすすめ。



AGA治療のメリット①: コストを治療によって柔軟に選べる。


AGA治療のメリット1つ目は、コストが治療によって柔軟に選択できるという事です。



例えば、最低限AGAの進行を食い止めるという目的であれば、月4000円程度から治療を開始することができます。


もう少し本格的に治療したい。という事であれば、さらにそれに合ったプランを選択ができます。


自身の経済状況に見合った治療を選択できるメリットがあります。


AGA治療のメリット②: 生活への影響が少ない。


続いてのメリットは、生活への影響が少ないということ。



理由としては

  • 治療できる場所が多い。
  • 目に見えるダメージがない。
  • 開始できる日程を選択しやすい。


これらのポイントが生活への影響が少なく、治療を開始できるポイントです。

比較的、仕事や私生活には影響をしないと思います。

AGA治療のメリット③: 治療をスタートしやすい


つづいてのメリットは、治療をスタートしやすいということ。

先ほどのメリットにもつながりますが、治療開始できる場所が多く、見た目的なダメージもありません。

また費用負担も経済状態にあったものが、選択できるため治療がはじめやすいです。

AGA治療をすることでのデメリット

デメリット一覧
  1. 治療を継続しないといけない。
  2. 思いどりのの仕上がりになるかわからない。
  3. 薬の副作用が出る場合がある。


以上のポイントがデメリットです。結果がでるまでの時間を中心に、デメリットを感じました。

AGA治療のデメリット①:治療を継続しないといけない。


1つ目が治療を継続しないと効果が出ない点。

薬を飲み続けれるかは自分で行わないといけないため、面倒になりやすいです。

結果見えにくいというのもデメリットです。

AGA治療のデメリット②:思いどりのの仕上がりになるかわからない。


2つ目は思い通りに仕上がるか、予測をつけにくいということ。

直接毛根を埋めるわけではないので、仕上がりが思い通りになるかは不明確です。

薄毛に関しては改善できるできるのですが、それが想像通りになる確率は植毛と比べると低いです。


AGA治療のデメリット③:薬の副作用が出る場合がある。


つづいてのデメリットは、薬の副作用です。

私が治療してて一番感じたのは、体毛が濃ゆくなるという副作用でした。

体調に関しては問題ありません。そのような副作用に対して、どれほど抵抗があるかも判断すべきポイントです。


m字はげの場合植毛とAGA治療どっちが良い?比較をしてみます。


AGA治療なのか植毛か。今回比較する判断基準は以下の通りです。

  1. コスト面。
  2. 治療後の仕上がり。
  3. はじめやすさ。
  4. ダメージ。
  5. 仕事への影響。


これらの基準からどちらが自分に適しているのか、判断をしていくべきだと考えます。


個人の見解では以下通り。

コスト面仕上がりの確実性はじめやすさダメージ仕事へ影響
植毛治療優れている
AGA治療優れている優れている優れている優れている


以上がそれぞれの比較です。どうしてそのように考えるかについては、ココから掘り下げていきます。

コスト面:AGA治療が優れている理由。


コスト面だと、AGA治療が優れていると思います。

理由としては目的ごとに費用負担を考えることができるたためです。

例えば進行を防ぐだけの場合だと、月額4千円~治療を受けることができます。


これに比べて植毛治療では、初期の費用が最低でも20万以上はでかかってきてしまいます。


またどうせやるならしっかりとやりたいということで、金額は上がると思います。


AGA治療は継続が必要で植毛が良いという意見もありますが一気にまとまったお金が払えない場合はフレキシブルに治療費を変更できるAGA治療がお勧めです。


仕上がりの確実性:植毛治療が優れている理由。


仕上がりの確実性で言えば植毛治療が優れています。

理由としては、直接毛根を移植するため思ったデザインに近づけられるからです。

AGA治療の場合は薄毛に対して改善がみられるものの、ダイレクトで効果を発揮するという確実性が植毛に比べると薄いように思えます。

AGA治療であっても注射をするなど、直接的な効果を期待できる治療法は存在していますが、毛根を植える確実性には負けると考えました。


はじめやすさ:AGA治療が優れている理由


はじめやすさにおいてはAGA治療が優れています。

理由は治療を開始できる場所が多く、はじめたとしても生活への支障少ないからです。

また初期の費用のような負担も少なく開始できるため、AGA治療は植毛に比べ開始しやすいです。


ダメージ:AGA治療が優れている理由


治療においてのダメージは、AGA治療が優れていると考えます。

理由としては頭皮にメスを入れないため、直接的なダメージが少なくて済むからです。

どうしても後頭部とはいえ、毛根を抜き取るという治療が頭皮へのダメージを与えることは確かです。

AGA治療おいても薬の副作用という心配なポイントありますが、専門のクリニックに相談することでそうした不安感は少なくて済みますよね。

結果AGA治療が優れていると考えます。

仕事への影響:AGA治療が優れている理由


仕事への影響は、AGA治療が優れています。

理由は周囲に気づかれず治療を開始することができます。

見たは違和感なくは始められますし、治療の日を開けなくても済みます。

仕事への影響が少なくて済むのはAGA治療だと思います。

まとめ

よしろー
よしろー

本日は『AGA治療か植毛か』という内容で掘り下げてみました。

私がAGA治療を判断したポイントは

  • 治療の負担を選択できる幅が広い。
  • 若いため毛根をまだ傷つけたくない。
  • 仕事への支障を出したくない。


以上のポイントからAGA治療を決断しました。


植毛については費用負担やダメージ、仕事への影響を考えてもより確実に治療をしたいという場合はやってみる価値はあります。


m字の薄毛治療を判断するための参考になればと思います。


ということで本日はここまで、

このブログでは新社会人や大学生に向けて
これからの健康や、ライフスタイル、仕事などについて毎日ブログを発信しています。

よかったらまたふらっと訪れてみてくださいね!


最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました