頭頂部が若いのにハゲてきた。今できる4つのこと【体験談あり】

若はげ
スポンサーリンク
よしろー
よしろー

こんにちはよしろーです。

実は、今から約2年ほど前に気が付くと頭頂部分が薄くなっていました。

年齢は就職したばかりの20代前半でス。。。

『どうして私が薄毛になるんだろうか。』と思う年頃でした。

とてもショックだったのを覚えています。

まだ恋だってしたいのに。。

(当時の写真)


当時はけっこうつらい思いをしていましたが、気が付いたのが若かったこともあり現在は克服しつつあります。

(現在の写真)


本日は若ハゲに絶望しても克服へと向かっている私が、頭頂部の薄毛に気がついたら、行って欲しい4つのポイントを実体験を織り交ぜつつ紹介していきます。


スポンサーリンク

頭頂部分が若いのに怪しくなってきたら今すぐやってみるべき4つのコト


まずは結論からお伝えしていきます。

若ハゲの改善へ効果的なのは次の4つ。

  1. 不規則な生活習慣を整えてみる
  2. ストレスをうまく発散してみる
  3. 自分で対処すべき薄毛かチェックしてみる
  4. 専門のクリニックでカウンセリングを受けてみる。
よしろー
よしろー

手軽にできそうな1番から順に解説していきますね。


薄毛改善までの道のり①:不規則な生活習慣を整えてみる


一番手軽に取りかかれるのは、不規則な生活習慣を整えてみるという方法。

習慣化するまでは大変かもしれませんが、すぐに始めることは可能です。

ちなみに私の場合は、就職したばかりのストレスでつい以下のような生活習慣となっておりました。

  • 休肝日をもうけずに毎日お酒を飲む
  • スマホをいじって夜更かしをしてしまう
  • ほぼ100%外食でカロリーを取りすぎてしまう
  • ぜんぜん運動をしなくなる
よしろー
よしろー

今思うとどれもが髪の毛に悪く不規則な生活の繰り返しですね。。。


不規則な生活を繰り返すことで、さらに不規則になっていく。

まさに負のループにハマっております。

今思うとこうした生活習慣が髪へダメージとなって出てきていました。

例えば、
  • 休肝日をもうけずに毎日お酒を飲む

    ▶お酒の分解で髪に必要な栄養素を使ってしまう
    ▶ホルモンバランスの悪化
  • スマホをいじって夜更かしをしてしまう

    ▶髪に必要な成長ホルモンの減少
    ▶ホルモンバランスの悪化
    ▶髪のダメージが修復されない
  • ほぼ100%外食でカロリーを取りすぎてしまう

    ▶皮脂が増え頭皮環境の悪化
    ▶必要な栄養素が取れない
  • ぜんぜん運動をしなくなる

    ▶血流の悪化


小さな生活習慣の積み重ねで髪へダメージが蓄積されていきます。

生活習慣の改善は抜け毛を減らして毛を太く成長することへの第一歩です。

薄毛改善までの道のり②:ストレスをうまく発散してみる


2つ目のポイントはストレスをうまく発散してみること。

瞬間的なストレスは健康に取ってむしろ必要なのですが、ストレスが慢性化していくと体へのダメージとなります。

もしあなたがストレスを常に受け続けている状況ならうまく慢性化しないよう受け流すすべを身に着けるべきです。

私の場合は、就職と同時にとても大きなストレスを感じることとなりました。

  • 上司と人間関係が悪化しストレスを蓄積。
  • 仕事の成績が気になりストレスを蓄積。
  • 毎日の満員電車でストレスを蓄積。
  • 先方からの無理難題をなげられストレスを蓄積。


それこそ、ここでお伝えできないほど多くのストレスを抱えていました。

特に入社当初は、良く言うと真面目であり、悪く言うと融通の利かない性格でストレスに対してうまく受け流したり、発散させることができなかったと思います。


かといって、学生だったためストレスへの耐性があるわけでもありません。

徐々に苦しくなっていくのを感じていました。

そして、丁度ストレスで押しつぶされそうな時に頭頂部分も薄くなりはじめます。

きっと私と同じようにストレスへの対処方法が分からず押しつぶされそうな人はいるのではないでしょうか。

ストレスはため込まないことがなによりも大切です。

対処するために行ったことの一覧を上げておきます。

  1. 仕事以外に趣味を見つける
  2. 軽いランニングなど定期的に体を動かす
  3. ゆっくりとお風呂につかるようにする
  4. 過去でも未来でもなく今に集中する
  5. 瞑想をして脳からストレスを消す
  6. 考えても仕方ないことを考えない
  7. 脳みそにため込むのでなく言語化する習慣を身に着ける


私の場合はこれらの行動を行うことでストレスへの耐性が前よりできてきたように感じます。

特に考えても仕方ないことで頭を使うことはやめました。

これはシンプルに効果的だと思います。

もし自分で対処できないほどの環境で悩まされているのならば、思い切って転職をするなど良い意味で逃げることをおすすめいたします。

よしろー
よしろー

以上ここまで自分で取り組んでみたいことをお伝えしてきました。

ここからは努力でどうしようもないAGAの傾向についても確かめていきたいと思います。


薄毛改善までの道のり③:自分で対処すべき薄毛か調べる。


3つ目のポイントは自分だけで対処できる薄毛なのかチェックするということ。

薄毛の中でもAGA(男性型脱毛症)と呼ばれる現象である場合は薬などを使った治療が有効です。

自分だけで対処できる薄毛なのか専門機関で調べてもらった方が良い症状なのか。

まずは、簡単にセルフでチェックできるポイントについてみていこうと思います。

  1. 以前に比べて抜け毛が多くなったと感じる。
  2. 以前に比べて髪の毛が細くなった。
  3. 抜けた毛の毛球が小さい。
  4. 家族や親族に薄毛の人がいる。
  5. 頭頂部以外にM字部分も薄くなっている。
よしろー
よしろー

これらに当てはまる人はAGAによりヘアサイクルが乱れているかもしれません。


通常のヘアサイクルは発毛から十分に成長する期間が設けられます。

しかし、男性ホルモンがジヒドロテストステロンと呼ばれる脱毛ホルモンへ変化して影響を受けることなどにより抜け毛までの期間が短縮されている可能があります。

特に抜け毛の量が増えた・髪の毛が細くなった・抜けた髪の毛根にふくらみが見られない。

という場合は、AGAである可能性がありますので注意が必要です。

現在だと比較的安価(月3400円程度)でジヒドロテストステロンからの影響を軽減させる薬なども出ています。

詳しくは次の章でみていきますね。

薄毛改善までの道のり④:専門のクリニックでカウンセリングを受けてみる。


改善への道のり4つ目は、専門のクリニックでカウンセリングを受けてみるということ。

今の状態を知るためには最もベストな方法です。現状を知らなければ改善はできませんからね。

実はカウンセリングを受けるとしつこい勧誘を受けるや、治療の話ばかりに持ち込まれるなどネガティブなイメージがあるかしれませんが私の場合は違いました。

実際に行くことで感じたメリットとデメリットについて紹介をしていきます。

カウンセリングを受けることで得られるメリット。

  • 髪の毛の症状についての相談を聞いてくれる
  • マイクロスコープを使った髪の毛の状態を診察してくれる
  • 薄毛と向き合う勇気がわく
  • 治療についてのわかりやすい説明が受けれる
  • 実際の症例などが詳しく知れる


実は、無料のカウンセリングを受けることでたくさんのメリットを受けることができます。

続いて、私自身がネガティブに考えてしまった部分も挙げていきます。

  • 薄毛の病院に行っていることを知られたくない
  • はげについて知られるのに抵抗がある
  • 自分で薄くなっていること直視したくない
  • 無理な勧誘ではないが治療についてのPRはされる


以上がポジティブなこととネガティブなことです。

何よりもやっぱり実際にクリニックへ足を運ぶのには勇気がいりますね。

ですが、同時に薄毛としっかり向き合う一歩ともなりました。

個人の感想としては初めて行くときにネガティブな気持ちがありましたが、今はカウンセリングを受けて良かったと感じています。

■月々3400円~
全額返金保証制度がある。
外来実績33万人。
6カ月の育毛実感率99.4%

よしろー
よしろー

ちなみに今だと無料でカウンセリングを受けれるみたいなので気になった人は活用してみてくださいね。

という事で本日は頭頂部分の薄毛に気になったら試して欲しい4つのことを紹介しました。

薄毛に悩む同士たちの参考になればうれしいです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました