つむじはげの基準はどこから?4つの基準と体験談(※本人画像あり)

若はげ
スポンサーリンク

※この記事では、つむじハゲについて自分でも簡単にチェックできる基準を紹介していきます。(読了目安5分:本人による執筆)

よしろー
よしろー

こんにちはよしろーです。
20代の半ば、社会人になると同時に薄毛に悩まされました。

いきなりですが、こちらが当時の私。

薄毛全盛期の写真です。


髪質はぱさぱさで、毛自体もかなり細くなっていることが画像からわかります。

結論これは、いよいよだと思い『注射と薬』によるAGA治療を約5カ月間実施しました。(※最低限の薬は今も服用中)

治療を行った結果がこちらです。


髪質をはじめだいぶ回復したと思っています。

治って初めて、薄毛によって抱えているストレスは大きかったんだなと自覚をしました。

本日は、もっと早く気が付いておけば良かったという後悔があるのでつむじはげの明確な基準について深堀してみようと思います。

ちなみに、自分で判断するのが面倒。専門家に診てもらいたい、との要望がありましたら、無料のカウンセリングもやっているようです。

必要であれば参考にしてみてください。

■月々3400円~
全額返金保証制度がある。
外来実績33万人。
6カ月の育毛実感率99.4%

本日はこんな問題を解決!

  • つむじはげが生まれつきなのか、薄毛によるものか判断したい。
  • 薄毛か見分けるための明確な基準を知りたい。
  • 薄毛である場合に治療でどこまで解決するか知りたい。


それではさっそく、つむじはげかもと感じたら知っておきたい有益情報について深堀していきます。

スポンサーリンク

つむじはげかな?と思ったらまずは、AGAかを知る。


まずは、本題である改善すべき薄毛か否か、見分けるための基準を紹介します。

基準は以下の通り。

『結論』

つむじはげに対策すべきかはAGAによる症状かどうかで変わります。

AGAとは?

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で、男性ホルモン型脱毛症(男性型脱毛症)のことです。

男性型脱毛症とは、成人男性特有の進行性の脱毛症で、生え際や頭頂部の毛髪が薄くなったりするのが特徴で、遺伝や男性ホルモンの影響が主な原因だと言われています。

特に20代以降の男性に多く見られ、日本人男性の3人に1人がAGAだと言われています。

(引用元:AGAスキンケアクリニック公式)

このようなAGAに当てはまるのであれば、進行性があるため対策が必要。

生まれつきであれば、進行しないため急いで対策する必要はありません。

対処が必要と言っても、現在は進行を止める薬が比較的低価格で入手できるようになっています。

結論まずはAGAか知ることが重要です。

よしろー
よしろー

治療をうけるまでは気が付いていませんでしたが、このAGAというのが中々やっかいなんです。

なぜかというと、

  • 元々の遺伝的な理由もある。
  • うすげが広がる進行性である。

というポイントがネック。でも、向き合うことができれば治療法が確立されています。

では、ここからAGAの特徴を元にどのようなつむじはげは危険かについて深堀していきます。


AGAに至るまで(髪におきること)


つむじはげが進行してしまう理由はAGAにあります。

具体的には、悪玉男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)影響により、髪の毛の成長サイクルが阻害されることで発症します。

正常なヘアサイクルがどのように変化するか見ていきます。

正常なヘアサイクルが乱れるとは?

『正常なヘアサイクル』

  1. 成長が始まる(早期)
  2. 毛球が太く成長する(成長期:2~6年)
  3. 毛球の退縮が始まる(後期)
  4. 完全に退化する(退行期:2週間)
  5. その場にとどまる続ける(休止期:3~4カ月)
  6. 脱毛

『影響を受けると』
悪玉男性ホルモンの影響を強く受けすぎると、2番の成長期を迎えることなく髪の毛が抜け落ちてしまいます。


こうした現象がAGAと言われる現象です。


進行していくため見分ける必要があります。では、こうしたAGAの特徴を元につむじはげがAGAの傾向にあるか見ていく基準についてお伝えしていきます。

AGAの特徴からつむじはげがAGAなのかを発見する4つの基準について


ここまでを軽くおさらいします。

  1. 対処すべきなのはAGAである場合。
     ⇒ 進行するため。

  2. AGAななぜ発生する?
     ⇒ ヘアサイクルの乱れが原因

  3. AGAかどうかを見分ける(←今ここ)


ココからは、3番のAGAか見分けるポイントについて深堀です。

基準だけでも十分ですが、2の内容が分かっているとより、判断しやすくなると思います。

それでは、具体的に見ていきますね!!

チェックポイント①:抜け毛の量が増加している。


一つ目のチェックポイントは、抜け毛の量です。

最近、抜け毛が多くなったと感じる場合は注意が必要。

通常の状態でも50~100本は抜け毛があるされているので、抜け毛が問題あるというわけではないです。


ただ、抜け毛の量が増えているという場合は、十分に成長で来てないまま髪が抜け落ちている可能性があります。

AGAを疑ってみるべき一つ目のポイントです。

観察できる場所
  • 排水溝
  • 枕カバー
  • 部屋のカーペット    など…




チェックポイント②:髪の毛が細くなっている。


続いてのポイントは抜け毛の細さです。

こちらも、AGAによるヘアサイクルの乱れを察知する上で重要なポイント。

髪の毛が細くなっているようでしたら、十分に成長期間を得ることができなかったことが考えられます。

抜け毛を見る以外に、髪の毛のボリュームが減ったなどでもチェックができます。

生まれつきであったり、AGA以外の原因であれば髪の毛の細さは目だちません。

細さに注目することでも見分けることができます。

チェックポイント③:抜けた毛の毛根が小さい。


続いて観察すべきポイントは毛根の大きさ

髪の毛が元気な状態であれば、毛根のふくらみを感じられます。

全くふらみで感じられないのであれば、十分に太くなれないまま抜け落ちている可能性が疑われます。

AGAの特徴の一つとしてチェックをすると何かわかるかもしれません。

チェックポイント④:抜けた毛の毛根が黒い。


続いてのポイントは抜けた毛根が黒いという状態。


毛根に蓄えられた色素はしっり髪が発達すると、髪の毛に吸い取られ白くなります。

しかし、十分に成長をされないまま抜け落ちると、まだ使われてない色素が毛根に残ったまま抜けるという現象がでてきます。

しっかりと髪の毛が成長しているか、毛根の色をチェックすることが一つの判断基準となります。

よしろー
よしろー

以上4つがAGAかを見極めるための基準でした。

AGAについて知ることは少し怖いですが、状態を知り、適切な対策を取ればつむじはげは治ります。

少し自分の私生活について観察をしてみてください。


まとめ

『 本日の内容 』

  1. 対処すべきなのはAGAである場合。

     ⇒ 進行するため。


  2. AGAななぜ発生する?

     ⇒ ヘアサイクルの乱れが原因


  3. AGAかどうかを見分ける

    ① 抜け毛の量が増加している。

    ② 髪の毛が細くなっている。

    ③ 抜けた毛の毛根が小さい。

    ④ 抜けた毛の毛根が黒い。
よしろー
よしろー

本日は、つむじはげの基準はどこから?5つの基準について深をしてみました。

つむじはげが気になる方への参考となればうれしいです。


つむじの薄毛は生まれつきである場合もあるので、過度に心配になりすぎる必要はありません。

しっかりと今の状態をとらえることが大切です。


ということで本日はここまで、

このブログでは新社会人や大学生に向けて
これからの健康や、ライフスタイル、仕事などについて毎日ブログを発信しています。

よかったらまたふらっと訪れてみてくださいね!


最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました