若はげの対策で知るべき5つのこと。過去の後悔から語ります。

若はげ
スポンサーリンク
よしろー
よしろー

こんにちはよしろーです。

父親は生粋の薄毛遺伝子をもっており、正直なところ私も例外ではありません。

20歳半ば薄毛で悩んでいました一年間のAGA治療で髪の毛が戻ってきました。


1年前の髪の毛

1年後の髪の毛


こうした実体験をもとに、私がはげる前にやっておけばよかったと思った若はげの対策についてお伝えしていきます。

お悩み太郎
お悩み太郎
  • まだハゲてないけど若はげについて気になる。
  • 最近抜け毛が多くなってきたと感じている。
  • 髪の毛のことで後から後悔したくない。

この記事は以上のような人に向けて私が経験した過去の後悔を元に書きました。


もっと早くやっておけば若くしてはげることはなかったと自覚しているからです。



これを見たあなたが同じ道を通ってしまわないようお伝えできればと思いますのでお付き合いください。


それでは知っておきたい若はげ対策について深堀していきます!


スポンサーリンク

若はげ対策で知っておくべき5つのことを過去の後悔を元に紹介。


早速ですが若はげ対策でやっておきたいこと5つを挙げます。

  1. 食事に最低限気を配るようにする。
  2. ストレスは一人で抱えすぎない。
  3. 睡眠はできる限り取るようにする。
  4. 毛穴の汚れをしっかりと落とす。
  5. たばことお酒は適度に。


以上が僕の若はげになる前に知っておきたかった5つのことです。

ふーん、それって全部けっこう当たり前のことじゃん。

よしろー
よしろー

確かに当たり前だと思うかもしれないけど。

でもこれらのことを意識しておけばと僕は後になり感じました。

もちろんいずれ薄毛にはなることを予感していたのですが、それがあまりにも早すぎたから。

実際に薄毛に至った原因を知り、過去の生活を振りかえってみると後悔することばかりでした。


ここから一つずつ深堀していきます。


若はげ対策①:食事に最低限の気を使うようにする。


まず若はげ対策として後悔しているのが食事に対する意識です。


若はげを対策する上で気をつけておくべきだった食生活は

  1. 脂っこく高カロリーの食べ物が中心の食生活。
  2. 寝る前に夜食を取る習慣。
  3. 夏前におこなった無謀なダイエット。


以上3つは僕が若はげになり後悔した食習慣です。


これらの行動を取ることでビタミンやミネラルといった栄養分が髪の毛に不足してしまう状況に陥ります。


それぞれの影響についてみてみましょう。

若はげになる食事①:脂っこく高カロリーの食べ物が中心の食生活。

まず気をつけておきたいのが脂っこく、高カロリー中心の食事です。


こうした食事をとることで皮脂が以上に分泌され頭皮環境の悪化につながります。


また脂肪と炭水化物で満腹感がすぐに得られるためビタミンやミネラルといった栄養価が不足しがちの食事になってしまいます。


特にファストフードや外食が多くなっている人は、気づかない間に栄養素の不足したハイカロリーな食事になっている可能性があります。


私も社会人になり自炊をせず外食やファーストフード等で食事を済ますという事が増えたいたことがありました。


こうした食習慣が髪に影響があると知ってからはできるだけ配慮するようにしています。

若はげになる食事②:寝る前に夜食を取る習慣。


続いて気をつけておくべきだった食習慣は夜食を取っていたことです。


夜になるとコンビニで夜食を買ってしまう癖があり、寝る前の夜食を取るという生活をしていました。


こうした食生活は質の高い睡眠の妨げになるという点から髪にとっては悪影響です。


なんとなく癖になってしまう事だとは思いますが、今思えばもう少し気を配っておくべきことだったな感じています。


若はげになる食事③: 夏の前におこなった無謀なダイエット。


3つ目の食習慣は無謀なダイエット。


外食や夜食で太ってしまった体系を一気に戻そうと夏前に無謀なダイエットに挑戦しました。


このような行為も今思うと若はげを進行させていきました。


無謀な食事の制限で必要な栄養素までも不足させてしまっていたことが原因です。


特に髪の毛を作る元となるたんぱく質、ビタミン、ミネラルなどが体に不足してしまってることが若はげを引き起こす大きな要因となりました。


短期間で食事を制限し、痩せようとする無謀なダイエットをしないことも若はげにならないための対策と言えると思います。


なってから気が付く前にできる限りやっておくと後悔せずに済みますよ。


若はげ対策②:ストレスは一人で抱えすぎない。


続いて気をつけて気が付いておけばよかった若はげ対策はストレスをためすぎないということ。


ストレスをためすぎることで自律神経が乱れ、血行不順を引き起こす原因になります。


またストレスによって眠りの質が低下したり、頭皮が硬化する原因となる活性酸素を発生させる要因ともなります。


いずれにしても様々な要因からストレスをためすぎることは髪の毛にとって好ましくないこと。


私のように社会人になって、仕事に慣れないといけない時は特に大変です。


たまには息抜きに『ぼー』っとする一人の時間を作ったり、運動するなどしてたまったストレスを適度に発散してあげることが好ましい状況。


髪の毛のためにもストレスを抱え込みすぎないことが大切です。

若はげ対策③:睡眠はできる限り取るようにする。


続いての若はげ対策は睡眠。


私もですが若い時は睡眠をおろそかにしがちです。少しぐらい寝不足であっても全然回復が早いと感じてしまうから。


ですがそうした睡眠不足は気が付かないうちに髪の毛にとって悪影響をもたらしてきます。


本来日中に受けた髪のダメージは良質な睡眠を取ることによって修復をされます。


それが睡眠不足が積み重なることで十分な修復ができなくなってしまいます。


特に22時~2時の間は睡眠のゴールデンタイムと呼ばれているほど、睡眠時の成長ホルモンが分泌される時間帯。


この時間帯に質の高い睡眠を取っておくことが若はげの対策となります。


若はげ対策④:毛穴の汚れをしっかりと落とす。


4つ目の若はげ対策は毛穴の汚れをしっかりと落とすこと。


頭皮の毛穴は小鼻のモノと比べて大きく皮脂が多く出てくる。


こうした皮脂による毛穴のつまりも若はげを引き起こす原因の一つとなります。


毛穴の汚れを落とすために必要なこと

  1. シャワーを浴び前にブラッシングを。
  2. 毛穴の汚れを落とす洗い方を身に着ける。
  3. 定期的にクレンジングシャンプーを使ってみる。


以上3つがポイントとなってきます。

毛穴の汚れを取る①:シャワーを浴びる前にブラッシングを。


シャワーを浴びる前にブラッシングをすることは毛穴の汚れを取るのに効果的。


毛穴に詰まった汚れを浮かすとともにホコリや油を落とすことでシャンプーの泡立ちをよくしてくれます。


『おすすめヘアブラシ』


毛穴の汚れを取る②:毛穴の汚れを落とす洗い方を身に着ける。


続いては毛穴の汚れを取る洗い方を身に着けるという方法。


参考となる動画がありましたので紹介します。


髪の毛の洗い方でも毛穴の汚れをうまく取る方法がありますのでこちらも効果的です。

毛穴の汚れを取る③:定期的にクレンジングシャンプーを使ってみる。


最後に紹介するのが定期的にクレンジングシャンプーを使ってみるという方法。


普通のシャンプーじゃ落としきれない皮脂の汚れを落とすためにクレンジングシャンプーを使うという方法もあります。


そうした普通のシャンプーで取り切れない頑固な角質を取り除くというところでクレンジングシャンプーが役に立ちます。


『おすすめのクレンジングシャンプー』


以上の3つが毛穴の汚れを落とすために有効な方法。


若はげの対策になりますので実践することをおすすめいたします。


まとめ


本日は『若はげ対策』について私が後悔をしたことを中心にお伝えしました。


もしここのところ髪について気にする機会が増えたと思っていたら1つでも自分に合う方法を見つけて実践してみるといいですよ。


私も過去にこうしたことに気が付いていれば、そもそも薄毛になる必要がなかったかもしれないと感じているので取り組んでみてください。


ということで本日はここまで、

このブログでは新社会人や大学生に向けて
これからの健康や、ライフスタイル、仕事などについて毎日ブログを発信しています。

よかったらまたふらっと訪れてみてくださいね!


最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました