若い人がm字はげになぜ?20代で薄毛になり後悔した要因5選

若はげ
スポンサーリンク
よしろー
よしろー

こんにちはよしろーです。

20歳半ば薄毛で悩んでいました若い人のになぜうm字ハゲにならないといけないんだろう。

薄毛については控えめにいっても悩んでいた時期があります。

それから、自分のはげ方の特徴を見てAGAという薄毛の症状ではないかと思いAGAの治療を続けてみました。

実際の画像はこちらです。

一年間のAGA治療で髪の毛が戻ってきました。

1年前の髪の毛

1年後の髪の毛


具体的にはAGA治療で改善したのですが薄毛のが

本日は皆さんがすぐにチェックできるような生活の中の薄毛要因についてご紹介します。

お悩み太郎
お悩み太郎
  • 若いうちに薄毛を加速させる要因を知っておきたい。
  • M字ハゲを広げる要因ってを知りたい。
  • 自分にできることはどんなことがあるんだろうか

本日は、1年間でm字はげを克服した経験から、薄毛にかかわっているとされる原因を挙げつ

これを見れば、明日から自分でできる対策について知れます。5分だけお時間をください。

それでは行ってみよう!!


もし手っ取り早く専門の先生に診てもらいたい方は、マイクロスコープを使った診察やカウンセリングを無料で受けるという選択肢もあります。

必要であれば下記を参考にしてみてください。

AGAスキンクリニックの無料相談はこちら

■月々3400円~
全額返金保証制度がある。
外来実績33万人。
6カ月の育毛実感率99.4%


スポンサーリンク

m字はげにを加速させるAGA以外の要因4選


まず結論からAGA以外でm字ハゲを加速させる要因は以下の通り。

  1. ストレス
  2. 睡眠不足
  3. 喫煙
  4. 血行不良
  5. 皮脂過剰分泌


まず、お伝えしたいのがAGAを加速度的に進行させる5つの要因です。

自ら改善させることもできる生活習慣などもありますのでこころあたりがあるかチェックしてみてくださいね。

ではそれぞれ深堀してみていきます。

そもそもAGAってなに?

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で、男性ホルモン型脱毛症(男性型脱毛症)のことです。

男性型脱毛症とは、成人男性特有の進行性の脱毛症で、生え際や頭頂部の毛髪が薄くなったりするのが特徴で、遺伝や男性ホルモンの影響が主な原因だと言われています。

引用)AGAスキンケアクリニック 公式

よしろー
よしろー

20代以降の男性に多くみられるそうで、日本人男性の3人に1人はAGAだと言われているそうですよ。ここから、AGAを進めてしまう要因についてみていきます。


若い人のm字はげ要因 ①:ストレスがm字はげ進行の要因となりうる理由


まず1つ目に疑ってみる必要があるのがストレスが

理由としては、ホルモンバランスの乱れが原因として挙げられます。

ホルモンバランスが乱れることにより以下のようなトラブルが想定されます。

  1. 皮脂過剰な状態になり頭皮環境を悪化させる。

  2. 過剰に分泌された男性ホルモンが抜け毛へ影響する。

  3. 血液の循環が悪化し毛細血管への栄養供給が滞る。


こうした要因が抜け毛へとつながっている可能性があります。

ただ、ホルモンバランスの崩れがどう影響してくるかは個人差があるため一概には言えません。

ストレスが原因となっている可能性もあるので、改善する余地があるか見当をしてみてください。

よしろー
よしろー

ちなみに、薄毛になってしまった過去の私は他人の評価を気にするあまりストレスをため込んでしまいやすい性格でした。 。


そうした自分が性格の改善のために知ったのが、嫌われる勇気で有名なアドラー心理学。

知るだけでもストレス解消になると思うので気になる方はこちらもチェックしてみて下さい。


若い人のm字はげ要因 ②:睡眠不足がm字はげ進行の要因となりうる理由


2つ目は睡眠不足がm字はげの進行を進めているという可能性です。

睡眠不足はが薄毛に与える影響は多岐にわたります。

睡眠は髪だけに限らず、日中に受けたダメージを回復するのに欠かせない行為。

よしろー
よしろー

もちろん睡眠の量や質の低下は髪の毛へのダメージも例外ではありません。


直接的には、
①髪の修復や成長に必要とされている成長ホルモンの分泌が減ってしまいます。

また、間接的には、
②ホルモンバランスの乱れが髪の毛へダメージを与えていきます。



このように良質な睡眠の不足が、若い人のm字はげ進行へつながっている可能性があります。

抜け毛が多くなってきている人が注意すべきポイントの1つになると思います。

もし、いま十分な睡眠がとれてないと感じるのであれば、試験的に質の高い睡眠を目指したり、睡眠時間を確保するという事を考えてみるのはどうでしょうか。

若い人のm字はげ要因 ③:喫煙がm字はげ進行の要因となりうる理由


若い人のm字はげを進行させる要因となりうる3つ目の行為は喫煙。

喫煙をすることも髪の毛への影響が懸念されます。

例えば、喫煙することで悪影響を与える理由は以下通り。

  1. 血管の収縮による血行不良。
  2. 有害物質の分解で髪に行くはずの栄養素が消費される。
  3. 喫煙の影響で細胞が老化することによる悪影響
よしろー
よしろー

私が心配をしている喫煙の悪影響を掘り下げてみます。

たばこのデメリット①:血管の収縮による血行不良。


まず一つめのデメリットが、血管の収縮による血行不良です。

喫煙をすることで血管が収縮され、体を流れる血が毛細血管まで行き渡にくなるからです。

本当なら血液は毛根へ栄養素を共有する働きがあるため、血がいきわたらなくなると必要な栄養素が届かない状態になります。

髪の毛が成長に使うための栄養素が不足し、抜け落ちるという現象へとつながっていくことが考えられます。

たばこのデメリット②:髪に行くはずの栄養素を消費。


もう一つは、髪に行くはずの栄養素を消費することです。

これは喫煙により本来は髪に届けられるはずだった栄養素が、喫煙で生まれる活性酸素の分解に使われてしまうため。

例えば、髪の成長に必要なミネラルなんかも活性酸素の分解に使われてしまいます。

髪の毛への栄養ではなく活性酸素の分解に使われることが抜け毛へ影響をしている可能性があります。

たばこのデメリット③:細胞の老化による悪影響。


最後に、細胞の老化による悪影響が挙げられます。

先ほどお伝えした活性酸素の存在は細胞事態もを老化させてしまうという影響があります。

例えば、喫煙によって生み出された活性酸素が毛母細胞を老化させてしまう事は間接的に抜け毛へとつながっている可能性があります。

若い人のm字はげ要因 ④:過剰なアルコール摂取がm字はげ進行の要因となりうる理由


5つ目の要因として挙げたいのがアルコールの過剰摂取です。

こちらもたばこに似ているのですが、アルコールの発生で生まれた有害物質が抜け毛へ作用してしまうというから理由です。

アルコールもたばこ同様にホルモンバランスを崩したり、髪の成長へ必要な栄養を消費する原因となります。

よしろー
よしろー

はじめからゼロにするのは難しいけど過剰摂取は控えた方がよさそうです。


若い人のm字はげ要因 ⑤:運動不足がm字はげ進行の要因となりうる理由


運動が不足も薄毛へと影響のある要因の1つ。

運動不足が続くことで、

  • 血液が体中に循環する機会を失う。
  • 筋肉が衰え血流の促進が弱くなる。

このように運動不足が招く血液循環の悪化は、薄毛を招く原因となっているかもしれません。


番外編:m字の部分が薄くなるのは血行不良かも?

特にm字の部分が薄くなっているのであれば。、肩のコリや目の疲れが原因であるかもしれません。

m字の部分が目の筋肉とつながっており、眼疲労による血行不順の影響を受けやすいポイントでもあります。

私生活で目を酷使しているという人は疑ってみるべきポイントです。

薄毛の原因を知りになったわかハゲになった当時の生活を振り返って見た。


20代でm字ハゲになった当時の私は喫煙以外すべての理由に当てはまっていました。

  1. ストレス
    就職し新しい環境になじむのに負荷がかかった。
  2. 睡眠不足
    睡眠時間と質ともに悪い不規則な生活。
  3. 血行不順
    デスクワークをする時間が増え眼疲労による血行不順。
  4. 皮脂の過剰分泌
    家で食事を作らないので外食でカロリーが高く皮脂が増加。

よしろー
よしろー

薄毛の原因を知り当時の生活を振り返ってみると間違いなく、薄毛を加速させるような生活をしていたなと思います。


薄毛について本気で悩んだ当時の私は生活習慣などAGAの治療とともに薄毛の原因をできる限りで排除していきました。

改善したことは以下の内容です。

  1. ストレス
    ⇒アドラー心理学を読んでストレス耐性を高めた。
  2. 睡眠不足
    ⇒遅くても12時前に寝るようにした。
  3. 血行不順
    ⇒定期的なランニングにより血行の改善をはかった。
  4. 皮脂の分泌
    ⇒自炊の回数を増やして過剰なカロリー摂取を防いだ。
  5. アルコールの過剰摂取を見直す。
    ⇒なんとなくやっていた毎日の酒をやめ休肝日を設けた。


m字はげに本気で向き合うにあったり試みた生活習慣の改善です。とはいえ1人ではこれだけの生活習慣改善へ動くことは厳しかったと思います。

生活習慣の改善にまで向き合えたのは、

  1. 自分が薄毛であるという事を客観的に知った。
  2. 信頼して治療していくパートナーができた。

このような理由があったからです。

よしろー
よしろー

これらの理由がありやっと生活習慣の改善へと踏み切れました。やっぱり自分ひとりで克服は難しかったです。


おまけ:AGAのカウンセリングを受けたら薄毛に対する意識が変わった話

よしろー
よしろー

薄毛に関しては正直みて見ぬふりをしていました。AGAは遺伝だからしょうがないといった感じです。


理由は簡単です。お父さんもお爺ちゃんも、ひいおじいちゃんですら全員の頭皮が薄かったから。

思春期の時から髪の毛は薄くなるものだと自覚していました。ある意味、薄くなることに対して納得をしていただと思います。

ですが、20代で本格的に薄毛となり始めあまりにも早すぎると感じたのが行動のきっかけで行動をします。

まずは、薄毛の専門店であるクリニックで話だけでも聞いてみようと、無料のカウンセリングへ応募をし足を運んでみました。

よしろー
よしろー

意外と薄毛で悩んでいる人は多いです。

カウンセリングでは不安で仕方なかったですが、自分の状況と適切な対処法を知ることができ、そこからm字はげに対する意識が変わりました。


私が諦めていた薄毛と向き合う気持ちになれたのは、控えめに言ってもカウンセリングのおかげです。

冒頭でお伝えした髪の回復は、AGAの治療と同時並行で生活習慣を改善したことで得られた成果なのだと思います。

私の場合は 結果として、無料でカウンセリングに行ってよかったと思っています。

もし一人で薄毛なのか不安に思っているのであれば、無料のカウンセリングでしっかり見てもらうのが心強いのではないかと思います。

AGAスキンクリニックの無料相談はこちら

■月々3400円~
全額返金保証制度がある。
外来実績33万人。
6カ月の育毛実感率99.4%

よしろー
よしろー

行動をすることで薄毛と向き合える自分になる。それは薄毛を治療する上で大切な一歩でした。


まとめ

よしろー
よしろー

本日は若い人がm字はげの進行を加速させる要因を紹介しました。


20代でm字はげが進行するには何らかの生活習慣的な原因も考えられます。

私も新社会人となりストレスを受けたり、生活習慣が乱れる時期に進行が進みました。

抜け毛が増えてきたなと思ったら自身の生活を振りかえることが改善の第一歩だと思います。

本日お伝えした内容で、自分の場合もそうかもと思い当たるものが有ったら見直してみるといいのかもしれません。

生活習慣の改善や薄毛の改善へ参考としていただければ幸いです。


ということで本日はここまで、

このブログでは新社会人や大学生に向けて
これからの健康や、ライフスタイル、仕事などについて毎日ブログを発信しています。

よかったらまたふらっと訪れてみてくださいね!


最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました