上司にムカつく時の対策を紹介【嫌いな人との向き合い方】

雑記
スポンサーリンク


こんにちはよしろーです。
社会人2年目そりゃ上司にむかつくことだってありますよ。



トイレでムカつくよしろー。

トイレでムカつくよしろー


なので、そんな時にどんな対処法があるのか気になったので調べてみましたよ。


今日はそんなムカつく上司への対処法を深堀してみましたよ。

お悩み太郎
お悩み太郎
  • 上司がむかつきすぎてつらい。
  • どういう対処法があるのかむかつきすぎて考えられない。
  • 明日がわからない。
ドヤ先
ドヤ先

どうした。かなりムカついているようだね太郎君。今日はムカついた対処法をドヤっと解説だ。



スポンサーリンク

ムカつく上司に対する対処法をまとめてみました。

【じゃっかんのムカつき編】


あなたのムカつき度合いは軽度。という事はまだこれから何とかお互いの関係を改善して。なんて余裕のある人に向けた対処方法です。

関係修復の兆しがあるあなたにお勧めの対処法

  • 感情的になるのを落ち着かせて冷静になってみる。
  • ロールプレイング気分で接してみる。
  • 嫌なことがあったら言葉にして伝えてみる


以上の3つがまだ修復可能なときに取れる対処方法。
それでは順に深堀していきます。

感情的になるのを落ち着かせて冷静になってみる。


まだ怒りレベルは軽度です。一度感情的になる自分を冷静に落ち着かせてみましょう。


一度怒りが始まると様々なものが連鎖的にムカついてきます。泥沼になる前に一度深呼吸をしましょう。


ムカついて感情的になっても事態は好転しません。


頭を冷やして、整理してまた上司と向き合う。まだ関係の修復が可能なムカつき度合いが軽度なので関係性が悪化する前に一度改善するという方向に脳みそを使ってみるのもありです。


ロールプレイ気分で接してみる。


まだ耐えられるイラつきレベルなら一度ロールプレイ気分になってみるというのも有効な方法かもしれません。


どんなロールプレイでも敵は出てきますし、主人公の障壁となる出来事は起きます。そんなロールプレイに自分の環境をとらえて主人公ならどう乗り越えるのか。


妄想をしてみるのも手です。そのためにこのムカつく上司を攻略するためには、どうするか?


ロールプレイゲームの主人公ちっくに考えてみると、ムカつきを和らげてくれるはずです。


嫌なことがあったら言葉にして伝えてみる。


上司にイラつくは原因は二つあります。

イラついた時に

  • ムカついたことを言語化することができない。
  • 言語化することができても伝えることができない。


まずはムカついた原因をひたすら書き出すか文字にして言語化してみましょう。それだけでムカつく気持ちが少し浄化されるという感覚を味わうことができます。


さらに良いのは相手にそれを伝えるという事です。これは中々ハードルの高いことですが相手に伝わるように考え、嫌なことは嫌だと理由も含めてしっかりと言う。


ずるずると自分の中にだけため込んでおくというのも精神衛生上よくないこと。できれば吐き出す方がいいですよ。


ここまで、軽度のムカつき度合いで使える対処方法をお伝えしてきました。中にはそんな簡単に解決しねぇよ。想定されるムカつきがまだまだ甘い。という辛口の方に向けて中度のムカつき度合い編を紹介。


【中々のムカつき度合い編】


いよいよムカつきが自分の中や冷静な解決だけでは終わらなくなってくる。中度のムカつき度合い編です。


結論から言うと私の考えた中度での対応は以下の通り。

  • 相手に対する感情を無にする。
  • こうはならないようにと反面教師に思う。
  • 別の生き物だと思い観察する。


だいぶきな臭くなってきました。イラつき度合いが中以上はもはや解決しようとしないといった対策があがります。


これまで、改善する方向で考えていた対象方ですがここからは受け流す。


という事がポイントとなってきます。もはや一人の力ではどうしようもなりつつあるので受け流しつつ反撃の時を待ちましょう。


相手に対する感情を無にする。


中程度までイラついた場合は、良い意味で聞き流すことが大切。


こんな相手に感情を動かしてるのも時間の無駄だと思うほどに相手に対する感情を無にすることでイライラから抜け出すことができます。


何か感情に触るような発言が見られたら脳みそを止めて、楽しい晩御飯について考えてみる。そいったことも有効です。


こうはならないようにと反面教師に思う。


心の中で、こうはならないようにしよう。俺は良い反面教師と出会ったな。こうはなりたくない。


切り離して考えるというのも一つの手です。


中々それだけイラつく相手と出会うことも仕事以外ではないと思います。


これもいい経験になったと思うようにすること心を浄化させてください。


別の生き物だと思い観察する。


どうしてもムカついたら、別の生き物だと思い観察してみましょう。


どうして、この生物はこんな理不尽な怒り方をするのか。


絶対に自分じゃ持たない感性をもつと思えてきたらそれをさかてに取る。このような考えの人もいるんだと一旦きりはなして考えてみると冷静になれます。


怒りに入りこむ前に役に立つ思考なので、いったん冷静になるために使ってみてください。


【もう我慢ならないムカつき度合い編】


ここまでムカついたらそろそろ環境を変える方が賢明かもしれません。


どうしても対処できないというほどにムカついたら考えるべき方法について深堀します。


結論から言うと以下の通り。

  • 退職代行に頼んで仕事を辞める。
  • 社長や経営幹部に伝える。
  • 労働基準局に訴える。



もう向き合う事は無理なレベルです。第三者に助けを求めつつ、逃げる方法を考えるのが適切です。


ひとりで抱え込まないという事が必要となります。上記の内容を深堀いたします。


退職代行に頼んで仕事を辞める。


仕事をやめようにもやめれない状況あると思います。

  • やめようとするとパワハラが悪化。
  • 自分では言うことができない。
  • 言っててもやめさせてくれない。


このような問題を解決してくれるのが退職代行です。後腐れなくやめるためにもこのようなプロの業者を使うというのは良いかもしれません。


社長や幹部に伝える。


とはいえまだ仕事自体はやめたくない。という場合もあるでしょう。


そんな時、社長や幹部、人事に相談してみるというのも一つの作成です。


きっと今にもやめる勢いで相談すれば何かしらの対処はしてもらえるはずです。


それほど嫌な理由を納得できる形で伝えれるかが重要となってきます。


労働基準局に訴える。


誰がどう見てもパワハラを受けたという場合労働基準局に訴えるという方法もあります。


社内で相談しても対処してくれない。またパワハラだと感じたことは一度相談してみるのというのも手ではないでしょうか。


パワハラだと感じてどうしようもないなら、会社のためを思い我慢し続ける必要はありません。


まとめ


以上、今回はもし上司にむかついたら対処すべき方法についてご紹介しました。


耐えられなくなった場合は環境を変えるもしくは、誰か助けてくれる人を頼ってみるという事が一番得策だと思われます。


納得五郎
納得五郎

【 本日のまとめ 】

じゃっかんのムカつき

  1. 感情的になるのを落ち着かせて冷静になってみる。
  2. ロールプレイ気分で接してみる。
  3. 嫌なことがあったら言葉にして伝えてみる。

中々のムカつき度合い。

  1. 相手に対する感情を無にする。
  2. こうはならないようにと反面教師に思う。
  3. 別の生き物だと思い観察する。

もう我慢ならないのムカつき度合い

  1. 退職代行に頼んで仕事を辞める。
  2. 社長や幹部に伝える。
  3. 労働基準局に訴える。



ということで本日はここまで、

このブログでは新社会人や大学生に向けて
これからの健康や、ライフスタイル、仕事などについて毎日ブログを発信しています。

よかったらまたふらっと訪れてみてくださいね!


最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました